カテゴリー: エンマー

お盆から長きにわたった秋小麦蒔きを無事終えました


その他小麦 #pirkaamam#bio#organic

アインコーン2種混合、エンマー2種、新スペルト2種、種つぎ(自家採種)を主な目的として懲りずに試験栽培を継続してます。

スペルトの認知度や需要はあるにせよ都市部でもまだまだこれからと言う印象で、ましてやエンマー、アインコーンなんかは時期早々すぎて一気に増産しようものなら捌くのに一苦労すると思います。

「何それ?」から「欲しい!」になった時にドーンと出せるように、栽培経験を積みつつ機をうかがいながら、その期間を楽しめればと考えてます。

採種小麦を収穫して全ての収穫を終えました


採種ブラックエンマー #pirkaamam#bio#organic

大部分が冬枯れしてしまい、僅かに生き残った株の穂だけ手取り収穫しました。

エンマー系はどうやっても採算が合わないのは既にわかってはいます。小麦でさんざん採算の合わない事をしてきて、さらに踏み込む必要があるのかないのか、何らかの執着心が苦労の種になっているだけなような気がしてます。


採種ブラックアインコーン #pirkaamam#bio#organic

意外や意外、冬に強かったアインコーン、でもエンマー系より更に採算が合わなそうなのは穂を見れば一目瞭然です。

海外のエンマー・アインコーン生産者さんは一体どうやって生計を立てているのか疑問に思います。

タテノさんやタカギさんで輸入オーガニック・ビオのエンマーやアインコーン、スペルトも粒で取り扱っているようで、国産有機のものより断然格安のようですので、知らなかった方は問い合わせてみると良いかもしれませんよ。

新年(2021)明けましておめでとうございます


エンマー2021 #pirkaamam#bio#organic

おめでとうと言うよりかは、無事でいてくれてありがとうございますの気持ちです。

朝方-18.6℃の日に夜中にストーブを消す(暴れた形跡あり)なんて信じられない猫達です。

今年一年も、無事で生きていてくれるよう、どうぞ宜しくお願い致します。


小麦を深く知るために その10

時には凍りつつ3日手つかず放置で、酸っぱく腐ったみたいになってしまった生地を自然に還しました。

勿体なかったですが、混ぜ捏ねしてから手つかず3日放置は、酸っぱくなるので止めた方が良いと学びました。

小麦の炊飯


(前)エンマー2021(奥)ノアスプリング2初冬まき #pirkaamam#bio#organic

初雪以来雪らしい雪が降ってません。天気予報を見ても冬(雪)景色になるのはもうしばらく先のようです。

エンマー小麦ならアレルギーは出ないのでしょうか?


小麦を深く知るために その4

蓋つきの小さな器が欲しくて、茶碗蒸しの器(以降イメージとして土器ト定ム)を100均で買ってきました。

さっそくスペルト小麦を土器で炊いてと言うか茹でてみます。

※どうせならイメージ雰囲気大切に薪ストーブも以降焚き火と表現します。

水と小麦を土器に入れて焚き火で熱しました。


2時間後、まずまずな炊き加減に仕上がりました。お湯が多かった分は途中で捨てて最後は蒸らしました。

見た目は麦ですので味が心配でしたけど、食べてみると意外と美味しくて、なんて言うか炊いたお米と似てる感じでした。

意外と美味しくて、もうこれで良いような、もう辿り着いたような気さえしました。


オフイビラ源吾農場さんの北海金時も煮豆にしてみました。

どうせ燃えている焚き火に、水と金時豆を土器に入れて2時間熱するだけで、ホクホクでとても美味しく出来上がりました。

ジャガイモ然り、小麦も豆も本当に美味しいものに塩は必要ないのですね。

休閑緑肥の比率が多くても収益を確保できるのか?


エンマー2021 #pirkaamam#bio#organic

Q.「輪作に緑肥を挟むことで肥料を使用せず栽培できるということですが、緑肥を挟んでも、収益を確保できるのですか?」

十勝の代表的な畑作4品を輪作した場合、てん菜 → 大豆 → 馬鈴薯 → 秋小麦(→後作緑肥)、の4年4作で秋小麦の後作緑肥の栽培期間もあります。

十勝の平均耕作面積約45haで慣行栽培の場合、収益から経費を差し引いて手元に残るお金で、一生に家を一軒建てて、車を何台か乗り換えて、あまり旅行には行かず、外食は少なめ、子供の大学費用を払って、次世代に渡す感じでしょうか。平均規模以上で羽振りのよい方は少なからずいますが、その分労力も人一倍な訳で概ね楽して儲かる業種ではないと思います。

当農場は約55haで、休閑緑肥 → 秋小麦(→後作緑肥) → 大豆、の3年2作ですから、換金作物の作付面積は平均以下です。

それでも、収益から経費を差し引いて手元に残るお金で、一生に家を一軒建てて、車を何台か乗り換えて、あまり旅行には行かず、外食は少なめ、子供の大学費用を払って、借金なく暮らせてます。

先代が築き上げて残してくれた資産を有効活用して、機械類を長く使ったり中古を使ったり、有機栽培で付加価値をつける努力をして、農産物を自分で販売する努力をして、収入における交付金(補助金)の額(割合)は慣行方式と比べかなり少なくなってます。

小麦の試験栽培はエンマー、アインコーンまで辿りおおよそ満足しました


ブラックエンマー2020 #pirkaamam#bio#organic

数あるエンマーの中で今一番のお気に入りはブラックエンマーです。穂の色形が恰好良くて、ほのかなスパイシーな香しい匂いにも惹かれます。

エンマーはどれも長いノゲが特徴で見た目は恰好良いのですが、ノゲって収穫作業では邪魔以外の何物でもなくて、コンバインのシーブー(粒を選り分ける篩のようなもの)にノゲが詰まって非常に作業性が悪いです(暑い日に誇りまみれで狭い場所を頻繁に掃除)。


ノゲなしエンマー2020 #pirkaamam#bio#organic

普通のエンマーの亜種だと思うんですけど、ノゲのないエンマーを増やしました。

若干ですが普通のエンマーよりは早生な感じで、風味が変わらないなら少しは実用的かと思います。

登熟期(早-遅)は、現代小麦 < スペルト < エンマー < アインコーン で世代を遡るほど遅く作業性が悪いです。

越冬性(強-弱)は、現代小麦 > スペルト > エンマー > アインコーン で世代を遡るほど冬枯れに弱いです。

脱穀作業性(易-難)、現代小麦 > スペルト > エンマー > アインコーン おそらくこうです。

収量性(多-少)、現代小麦 > スペルト > エンマー > アインコーン。

実用的なのは一歩譲ってスペルトくらいまでかと思います。真っ当なコスト計算(リスクも含め)してキロ2,000円も3,000円もするような小麦を誰が買うんでしょうか?結論として古代小麦に限らず珍種の小麦などの試験栽培は趣味として楽しむ範囲で良いのかなと思います。

ビオな猫草、スペルトとエンマー、ハナちゃん


スペルト2020 #premium#organic#pirkaamam

緑色がラインになって見え、スペルトが無事に越冬できた事を確認できます。

あと、可愛いハナちゃん。


エンマー2020 #premium#organic#pirkaamam

エンマーは生きているのか怪しい感じで、今後の復活に期待です。

エンマーの方が(葉っぱが)柔らかい食感だと思います。(ハナちゃんが葉っぱを)美味しく食べてくれると良いのですが。

大晦日にまさかの雨、どうやら暖冬っぽいです


※伝える努力の一環としてテロップの編集を覚えました

雪がもの凄く少なくて過ごしやすい毎日ですが、大晦日の今日まさかの雨が降りました。週間予報ではこの後ずっと雪マークがなくて、北国にしてはこの時期にしては珍しい風景がもう少し続きそうです。

10年以上前でしょうか、正月を過ぎてから大雨が降って小麦畑の低い部分に水が溜まり、その部分の小麦が枯れてしまった事がありましたが、それ以来の異常気象です。


※こういうこともしていかなくてはならないのでしょうか?

とにかく格好いい穂のブラックエンマー、じわりじわりと増やしてます。

順調に進めばノア(2022)の密かな主役になる予定です。

密かな主役のロードマップ:(2023)=まだ無名、(2022)=ブラックエンマー、8=レッドエンマー、7=イタリア、6=キタノカオリ、5=つるきち、4=スペルト、3=きたほなみ、2=ホクシン、1=ゆめちから

積雪のないまま師走も終わりに小麦は喜んでおります


エンマー2020 #premium#organic#pirkaamam

今年はまとまった雪の降らないまま年末を迎えました。小麦にとっては良い冬、ダイオウ(エゾノギシギシ)にとっては厳しい冬のようです。

出荷作業も一時の休息、新年は5日頃からぼちぼち動こうかと思います。

麦類、豆類共に900gでのネット小売りは在庫の封筒(残30)が無くなり次第もう止めます。450gの封筒が少し残っているので、そちらも無くなるまでネット小売りしてもう止めます。その後のネット小売りは3㎏が最小単位となる予定です。

スペルトは手違いでキタノカオリが少し(5%未満?)混ざってしまったので販売を終了しました。(値付けで悩むのに疲れてますので単品での投げ売り予定はありません。)