作者別: pirkaamam

「とかちから」主催の農場視察に参加しました

7/11日のできごと


とかちから」は北海道十勝の生産者、レストランシェフ、食育事業者、消費者が繋がり、情報交換や勉強会を行っているグループです。

視察コース → 無農薬野菜のtomo’s farmさん → 野菜の辻野農園さん → うち → パン屋のtoiさん → レストラン野菜の竹中ファームさん → 大規模キャベツ&長いも&農家民泊の村瀬ファームさん → 多品目無農薬野菜の自然菜園ふたばさん → オーガニック野菜のいずみ農園さん

こうして書くと何となく野菜が多いような気がしますが、気のせいではないようです。

しかしまた新しい世界を覗いてしまいました。
まだまだ色々な方々がいるんだと、すごく刺激を受ける一日となりました。


音更の小さな農園 Tomo’s farm さん、まさかの音更町で新規就農の無農薬野菜!

新しい時代の幕開けを感じました、まだまだ苦労もあると思いますけど、頑張ってほしいです。

北海道立農業大学校からの視察研修を受けて


北海道立農業大学校 農業経営研究科の皆さんと記念撮影

恥ずかしいほど自分語りをしてしまいました。

農場概要や今に至るその経緯を説明すると、それは個人事業主ですから自分語りになるってもんです。

学生さんにとってはいつも受けている授業の一環としての、多々あるケースのほんの参考程度のほんの数時間のことなんでしょうけど、結構こちらとしては慣れないのもそうですけど、貴重なお時間をと思い無我夢中で一生懸命話した結果、思い返すと毎度の事ながら恥ずかしさと少しの後悔が残ります。

嫌な顔ひとつせず、みんなよく聞いてくれたと思います。だからこそ話すぎたんでしょう。

ここで恥ずかしくも学んだことを、また何かの機会にいかせたらと思います。
教職員の皆さん、研究科の皆さん、普及所の皆さん、誠にありがとうございました。

これからの方は、古き社会の殻の中で自分を押し殺すことはないと思いますが、一人ひとりがより自由に輝ける未来になるよう願っております。

ホクシンの最終手取り除草を行ってます


ホクシン2019 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

WWOOFのホストプロフィールに「カフェは週一営業のため、カフェを目的とした場合ご期待に沿えないと思います」「作業はダイオウの除草と豆の手より、麦みがきです」と書いたら、全くと言ってよいほど応募がありません。

WWOOFが何なのか少しわかった気がするホスト3年目の夏でした。

と言う訳で日曜日に一人寂しく、ダイオウ・マツヨイセンノウ討伐をしてました。

モジャモジャの白クローバのお陰で歩くだけで重労働です。

ホクシンも今年で最後かと思うと、ひたすら歩きまわった小麦の手取り除草、過去の長い年月が走馬灯のように駆け巡りました。

自然栽培小麦の適正価格試算①~それでも自然栽培小麦を使いますか?~


イタリア由来のピッツア用小麦2019 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

より透明でクリーンなフェアトレードのために、少し難しい話にお付き合いください。

小麦の価格について順を追ってご説明いたします。

国産小麦の価格は入札価格が公開されておりすぐにわかるのですが、1キロあたり約60円です。
小麦生産者には1キロあたり約60円が小麦の品代として支払われます。

※約50円とずっと思ってましたけど、約60円みたいですね。

輸入小麦との兼ね合いからこのような価格になっておりますが、この価格では国内の小麦生産が壊滅しますので、国が保護政策を行っております。

農業政策として適正な生産者手取りになるよう、いわゆる補助金(交付金)として上乗せして支払われます。

つまり小麦の価格は小麦生産者にはこう示されます。

「品代+交付金」= 生産者手取り

交付金の算出は、見た目検査の「等級」、成分分析での「ランク」で行われます。

※[パン・中華麺用品種品種]=強力品種・硬質小麦
※[パン・中華麺用品種以外]=中力品種・軟質小麦

例えば十勝でほとんどの生産者が作付けしている「きたほなみ」の場合は、品種特性で見た目が綺麗かつ成分も安定しているため、ほぼ1等Aランク(パン・中華麺用品種以外)になります。

「きたほなみ、1等、Aランク」(1キロ換算)
品代(約60円)+交付金(約112円)= 生産者手取り(約172円)

パン用として大人気の「ゆめちから」は品種特性から少し見た目が悪く、等級が2等になる場合も多いようですが、通常は製粉して使うため使用上問題ないのに等級が下がる「見た目検査」に異論が出ているようです。

「ゆめちから、2等、Aランク」(1キロ換算)
品代(約60円)+交付金(約131円)= 生産者手取り(約191円)

※[パン・中華麺用品種品種]の交付金単価が高く設定されているのは、供給の少ない強力品種の推進、収穫量が劣るなどの理由だそうです。

日頃より「小麦は3分の2が交付金」と言っている理由がこれでお分かりいただけたと思います。

とりあえず、ここまでが基本知識です。

フェアトレードのために内訳を透明にする取り組みはどうですか?
  • 回答内容を追加

農繁期における「ご都合のよい日は?ご都合のよい時間は?」のご質問について


とよみずき2019 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

種を蒔いてからは、約一週間おきに機械除草(カルチ)を続けます。
この作業は丸2日かかります。大豆の小草退治だけで7日の内に2日です。

表土が白く乾いている時の作業が望ましく、雨の日、その次の日は行うことができません。

その時の天候よっては3日に一度雨が降る場合もあり、雑草は休みなく次々と発芽するのに機械除草が出来ない、これはとてつもない精神的なストレスとなります。

「ご都合のよい日は?」
「ご都合のよい時間帯はありますか?」

曜日でもなく自分の意志でもない、自然や天候にあわせて作業を行っている仕事がある事をご理解いただきたいと、ご質問の度に切に思います。

天候によっては約2~3週間でたった一日、半日の機械除草のチャンスしかない場合もあり、その日に事前に予定が入ってしまうと、雑草だらけになってしまった畑の草取りは一体誰がしてくれるのでしょうか?炎天下の中何日も通って朝から晩まで責任と雑草をとってくれるのでしょうか?…とは決して言いませんが思ってます。

少し厳しく書いてしまいましたが、
「ご都合のよい日は?」に対する確実な応えは「雨の日」ですが、雨の日くらい休みたいです。
「ご都合のよい時間は?」に対する確実な応えは「夜」ですが、夜は寝たいです。

誤解のないように、見境なく拒んでいる訳ではありません。出来ればのんびりと暮らしてゆっくりと皆さんとお話し出来れば何より良いと思います。場合によっては人の倍頑張って時間を作るよう努力しておりますが、こうした農繁期の諸事情を理解していただければと思うしだいです。

天候が順調なら結果オーライ視察4Daysも出来てますからね!って調子にのってしまうといけません。この時は運が良かっただけです。

キャンドル作家さんとベーグル職人さんが視察に来られました


全国を灯し歩く蝋燭作家、チエミサラさん(中央)
広島のベーグル屋さん(只今休業中)でオーナーシェフとしてご活躍されていたK本さん(右)

自然な灯りを食卓に灯す、とかく忙しない毎日の中でゆったりとした時間があってもいいのかなと感銘を受けました。

自然が大好きなベーグル屋さんは人気で多忙で身体を壊したそうですが、でもベーグルがやっぱり好きで近々再オープンの予定だそうです。

まるで教訓を体現して教えに来てくれたようなお二人でした。
自分の身につまされる話ですから。