作者別: pirkaamam

来春の種子用に「とよみずき」を転選機にかけました


とよみずき2019 #有機JAS認証

丸い大豆は傾斜したベルトコンベアをコロコロと転がすだけで、偏平粒や割れた粒、莢や茎、石なども綺麗に取り除けます。


転がってしまう少々の虫食いは残りますが、転選機だけでここまで綺麗になれば十分でしょう。

自家採取としては上出来ですので、このまま来春まで保管しておきます。

・・・
ところで、農家直接買い付けの場合、この大豆をお譲りする価格の計算をしてみましょう。

この種子用にするための大豆をお譲りすると、その分新たに種子を購入しなくてはなりません。

参考までに今年購入した「とよみずき」の種子は、30kgで23,220円(税込)でした。1kg=774円です。来年の種子の価格がどうなるのかはわかりませんが、最低でも増税分の値上がりはあるとして計算を進めます。

1袋20㎏で計算します。
774+2%=788(大豆1kg)、788×20kg=15,760(1袋大豆代)

通常小分け料金の一般的な価格としてキロ100~200円、良心的に100円で計算しておきます。
15,760+2,200=17,960

梱包資材代を100円にしておきます。
17,960+110=18,070

選別料金は今回計算に入れません。直接取りに来てもらえれば1袋20kgで18,070円です。70円は値引きして、1袋20kgで18,000円(税込)です。

宅配便で発送する場合は一般的に送料と事務手数料が追加でかかります。
例えば東京の場合、ゆうパック120サイズで2,020円です。

事務手数料はおまけしておきます。
18,070+2,020=20,090、90円は値引きして、1袋20kgで20,000円(税込、送料込)です。

ちなみに、不足分として購入する種子は有機ではなく慣行の大豆にグレードダウンしますので、この売買により得をする事は一切無いです。手よりは労力的に出来ません。

おそらくアグリシステムさんやお近くの問屋さんから、ちゃんとした有機大豆をご購入された方が安くてお得かと思います。

上記の理由から、今年度産の大豆の直売は止めておきます。

内容量19kgの品につきまして、内容量19.6kgに増量し価格も変更いたします

日頃より、お世話になっております。

計量器の新調に伴い、内容量19kgの品を内容量19.6kgに増量する事に致しました。

価格も増量分のプラスになっておりますが、キロ当たりのご購入価格は今までとほぼ変わりません。

定期配送お申し込み済みの方につきましては、とりあえず今まで通りに19㎏と以前の価格でお送りします。

週に一回、水曜日のみ農場内でパンを販売してます


農場内の直営ベーカリーカフェ「ピリカアマム」※カフェはほぼ機能してません

農場体験の宿泊所に併設してある家庭のキッチンほどのこじんまりとした厨房で、週に一回水曜日にパンを焼いて販売などもしております。

農場で栽培、収穫した無農薬小麦を自家製粉した小麦粉を使用してます。

自家製粉した小麦粉はどうしても真っ白にならず茶色くなってしまい、作り手や多くの方々が望む柔らかくてふんわりしたパンにするのが当初は難しかったため、最初は十勝産有機小麦粉や輸入オーガニック小麦粉の真っ白い粉を購入して使っていました。

そうすると確かに一般的な惣菜パンや菓子パンと同じように出来るのですが、なぜか違和感を覚えました。

そんなこんなで紆余曲折ありましたが、慌てず急がず少しずつ農場産、自家製粉の無農薬小麦粉の割合を増やしていき、今ではパン生地に90%の農場産、自家製粉の無農薬小麦を使えるまでになり、違和感は消えていきました。

紆余曲折での学び、小麦粉を使うにあたってのフスマもったいない問題を解決する方法が身近にありました。

取り除いたフスマは捨てるのではなく産まれた畑に返せば、次の世代の肥となりまた生まれ変わるのです。経済を介せば生じる問題がここにはないのです。見ないようにする必要もないのです。これは、とてつもなく大きなメリットだと感じました。最近の口癖は「農場と飲食は凄く相性がいい」です。

たかがフスマ、されどフスマ、そんな事やあんな事を考えながら、まずは袋づめの販売補助からここ最近は毎週張り切って手伝ってます。

今シーズン総仕上げの畑耕し作業をしています


種を蒔いたり、収穫したり、華やかな作業は畑の管理作業のほんの上辺にすぎません。

例えば、農産物の生産現場を知りたいと思ったとして、種を蒔いてから収穫までを見た、手伝ったとしてもそれは100%のうちのほんの数%を知ったにすぎないと思います。

「いつもは何をしているのか?」と以前Bさんから聞かれた時に即答は出来なかったのですが、よくよく考えてみると一番多くの時間は「畑耕し」に費やしてます。緑肥栽培を含め実に多くの時間を「土作り」に費やしています。


一般的に「ロータリー(ハロー)」と呼ばれる作業機を好んで使ってます。

回転軸に小さな爪がたくさん付いている単純な機械です。手作業の鍬(くわ)作業を機械的に模倣した形が気に入ってます。

耕す深さは約10~15cm程であまり深くは耕やせない所も気に入ってます。

この辺りの地域では11月中旬~下旬には畑の凍結が進み作業しにくくなるため、その前に一年の総仕上げと来年の準備として収穫の残渣を主にプラオ耕(耕す深さは約30~40cm)で鋤き込み、その年の作業を終えます。

ペア特典、小分け特典を廃止いたします

日頃より環境保全型農業にご理解とご支援ありがとうございます。

一部要望にお応えして、9.5kgの品を2点ご購入時のペア特典、小分け特典など行っておりましたが、以前のライ麦特典中止の理由と同じく、こちらも様々なケースにより不平等かつ不公平になって参りました。

フェアトレードとは単に価格を適正にするだけではなく、個別の対応にしても平等もしくは公平にするべきと考えております。

出来ればと思い個別の要望にも応えられるよう努めて参りましたが、一人二人の時はいいのですが、その後がどうにもおかしな事になってしまいます。

度々、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

まだまだ未熟ではございますが、これからもご指導とご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

宅配便での発送日について

宅配便での発送日について

火曜日を週に一度の発送日として定めておりますが、発送日が祝祭日に重なる場合は翌日の発送としております。※翌日も祝祭日の場合は更に翌日となります。

正月、ゴールデンウイーク、お盆や大型連休等はその週の発送をお休みいたします。

今までと変わりはありませんが、念のため再度お知らせいたします。

日頃よりカレンダーのご確認や、その他にも予期せぬ急な災害などで運送が滞る場合に備え、日頃よりストック、備蓄など幸い穀物類は保管が利きますので、ご考慮のうえ各自でご対応を宜しくお願いいたします。

docomoのメールアドレスからお問い合わせの皆様へ

何らかの着信拒否設定をされてますと、こちらからメールをお届けすることが出来ず困っています。