2018年産スペルト小麦は商用利用不可になるようです


スペルト2018 #商用利用不可#bio#pirkaamam

1.冬枯れによる甚大な被害
2.ダイオウの多発による除草の苦労
3.無償のお手伝いによる廃耕の回避

2018年産に限らず収穫量が極めて少ない場合は、商用よりも本当に必要とされる方を優先することになると思います。

※ここでの商用利用とは、希少小麦だから~、~のため、などとして労力なく必要以上に利幅をとる行為のことです。良心的であれば商用利用でも大丈夫です。

ご縁が繋がる至極のあんタルティーヌ


マダムルージュさん、t屋シェフが春よ恋2017-i6083を使ったパンを焼いてくれました。

いきさつとしましては、あんころりんさんのご紹介によるご縁です。


ブーランジュリー マダムルージュの新作“ピリカアマム”に、さらなるいきさつが書いてありました。

ことの発端がKベーカリーさんだったとは・・・。


名前が「ピリカアマム」!?

お忙しいなか貴重かつ心に残るパンをありがとうございます。

さらに、至極のたいやきとあんぱん=中川農場のエリモ小豆×一丁焼このはのたいやき×マダムルージュに、まさかのあんタルティーヌが。

たくさん足を運んでくれたんですね、もの凄いご縁のコラボにとても感謝しております。

よかれと思っても、独断・独歩は危険なのかもしれません


ツルキチ2018 & erysimum cheiranthoides #follow one’s conscience#pirkaamam

蝦夷清白(えぞすずしろ)、花言葉は「ときめき」。

あまり実績のないツルキチが売れるかどうか不安はありますが、良心に基づいた行動が良かったと信じたいです。


ノア2018 & trifolium repens #kamuho project#pirkaamam

白詰草(シロツメクサ)、花言葉は「幸運」「私を思って」「約束」「復讐」。

ノアや自然栽培の小麦が今後どうなるかは、シロツメクサの花言葉にちなんでみようかと思います。
まあ、ダメならダメでしょうがないです。
でも、復讐だけはないです。

奇跡の麦と喜んでいましたが、ただのライ小麦かもしれません


ライ小麦?2018 #bio#organic#pirkaamam

大発見だ奇跡だと喜んでいましたが、ライ小麦の粒が何かの理由で入り込んでいただけ、だったのかもしれません。

穂の見た目がライ麦にとてもよく似ていて、背丈は小麦より少し高い程度でライ麦の半分ほどです。
どうもこの特徴がネットで調べたライ小麦に、とてもよく似ているような気がします。

なかなか上手い話はありませんね。
とりあえず収穫できたらスコーンにしてみましょうかね。

やっぱり花はいいなあ、混蒔ノアの醍醐味


ノア2018 & capsella bursa-pastoris #bio#organic#pirkaamam

まず最初の目につく開花は薺(ナズナ)からです(ハルザキヤマガラシとタンポポはこの際除外しておきます)。
こちらはもちろん天然混蒔です(雑草とも言います)。

花言葉は「あなたに私のすべてを捧げます」だそうです。


ノア2018 & trifolium incarnatum #bio#organic#pirkaamam

クリムゾンクローバーは秋に同時に混蒔してみました。
もう少し多く混ぜたほうが良かったかもしれません。

花言葉は「素朴なかわいらしさ」だそうです。


ライ麦2018 #bio#organic#pirkaamam

おまけの試験栽培のライ麦です。
ノアの近くにはありますが、混蒔はしていません。
ライ麦は小麦と比べて穂が出るのが早いですね。