カテゴリー: ノア(旧カムホ)

ノア7の発芽が綺麗に揃いました


ノア7 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

次のノア7は、どこまでスペルトを増やせるかに挑戦してます。

草丈が高い古代小麦の割合が多すぎると、短幹小麦への日光を多く遮る事になってしまいます。年々慎重に徐々に増やしてますが、そろそろ最終局面のようです。

何の役にも立たない技術かもしれませんが、何かテーマみたいなのをもって新たな栽培に取り組むと収穫までの楽しみが増えますし、単に興味もあってこのような事を行っております。

ちょうど今はスペルトが人気のようなので、スペルトが増える分には良いのではないかと思います。

生産者として様々な小麦の品種をあらゆる農法で栽培してきました。パン屋さんと繋がることでたくさんのパンをいただいてきました。玄麦での販売やここ半年は農場ベーカリー用の製粉を試行錯誤してきました。

何をお勧めできて、自分は何を口にしたいのか、実際に何が美味しくて、健康にどう影響するのか、何が求められているのか、あらゆる角度から考えることが出来たのではないかと思います。

おそらく必要であろうプロセスを順に踏んでいるため、思うイメージへ遅々としか進んでいきませんが、慌てる理由も必ず実現しなくてはならない理由もないでしょうから、、ああなるほど、この考え全てが遅々としている一番の原因かもしれませんね。

ノア7(2020)の種まきをしました


ノア7(2020) #bio#より自然な栽培#pirkaamam

雨と雨の合間に畑が乾く僅かなタイミングを狙っての播種、順調にのんびり種を蒔いた記憶はいつからかありません。この時期はいつも雨が多いんですよね。

雨→雨→やむ→土がぬかるんでる→乾いてくるが一部ぬかるむ→雨←(この継ぎ足しの雨が少量でもやっかいです)→曇ってて乾かない→∞

あっという間に何もできずまま、気苦労を抱えたまま2~3週間が過ぎる場合もあります。

今回のノア7も前のノアを元にして心のセンサー頼りに手直しを加えましたが、いつも不思議なもので土壇場で納得できるものになっております。

割合はもはや不明ですがざっくりと、スペルトががっつり増えて、キタノカオリは同程度、デュラムっぽくないデュラムがまとまった量で参加、きたほなみやホクシン、ツルキチは風前の灯です。あと譲り受けた品種が何種類か気持ち程度に追加されてます。春よ恋も無理だと承知で思い出として一緒に蒔いてRも包括しておきました。

予定ではノア8で、エンマーをがっつり増やす予定未定で、ほんの少しライ麦も混ざってしまうと思います。今回はエンマーの種子が足りずに間に合いませんでした。

新麦ノア6(2019)の販売を開始いたしました

今年度産のノアもどうぞよろしくお願いいたします。

ノア5(2018)より膨らみが良くなっている気がしないでもないです。カタネスタッフさんの収穫体験試作ピッツアでは一番柔らかく膨らんでました。

スペルトの種類も割合も増え、また一段とパン用途として自然で自由な形として理想に近づいた感じがするのと、キタノカオリを強く意識していた頃が過去になった感があります。

価格は ピリカアマム【小麦 ノア6】 #より自然な栽培 より御覧いただけます。

明日新麦祭りします。今日はノア6の選別を終えました。


明日8月4日(日曜日)「スタージュカタネ with May × pirkaamam」臨時営業いたします!※スタージュは見習い・研修の意味。

農場体験に来られている若き職人の金の卵「カタネスタッフ」さん達が一日限定でパン屋をオープンしてくれます!

「May」さんはカタネベーカリーさんで働いていたことある、来春ベーカリー&カフェをオープン予定の金の卵です。

連日の暑さの中、一言も暑いと言わず、小麦の収穫から脱穀、蒸し暑い倉庫の中で埃っぽい選別作業など、製粉から豆の手よりまでも、さらに朝は早くから夜遅くまで新麦での試作、無償で働く姿をみて金の卵と表現しましたが間違っているでしょうか?

こちらから無理にお願いした臨時営業を快く引き受けてくれた未来の希望を、是非ともご支援お願いいたします。


ノア6 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

朝から一日かけてノア6、ピッツァ用デュラムの選別を終えました。

販売開始時にはこちらで告知いたしますので、今しばらくお待ちください。

新麦4種での試作パン、ピッツァの食べ比べをしました


今回カタネスタッフさんのお力添えで、収穫したばかりのキタノカオリ、スペルト、ノア6、ヂュラムでのパン、ピッツァ試作食べ比べをしました。

生地づくりについての感想

吸水率 キタノカオリ>スペルト=ノア>デュラム

同じ水分量の時の生地の硬さ キタノカオリ>スペルト>ノア>デュラム

スペルト小麦について
生地がミキシングでつながりやすい
発酵中に酵素が働くのか生地がゆるむ(最初に水を入れすぎるとダメ)

デュラム小麦について
生地がミキシングでつながりにくい


左から春よ恋&スペルトのフォカッチャ、デュラムのピッツァ、スペルトのピッツァ、キタノカオリのピッツァ、ノアのピッツァ。

一昨年の種まきからの念願が叶いました。貴重なご試作ありがとうございます。

ノア6の生地が柔らかく膨らんでいて食べやすくピッツァ用途としても高評価をいただきました。と言っても、ノアにはキタノカオリもスペルトもデュラムも含まれていますので、キタノカオリもスペルトもデュラムもみんなが美味しいお陰だと思います。

肝心のデュラムに期待していた特別な美味しさはありませんでしたが、ピッツァ用途として美味しい小麦でした。

ノア6の収穫を無事に終えました


ノア6(2019) #bio#より自然な栽培#pirkaamam

コンバインの上から見たノア6

長く続いた冷涼な気候から一転して30℃を超す猛暑の中での収穫、作業中は集中してるせいかあまり暑さを感じませんが、コンバインから降りると暑さが体に堪えます。


視線を現代小麦にあてたノア6

数えてはいませんが感覚的にキタノカオリがかなり多いように見えます。

おおまかにキタノカオリ7割、ゆめちから1割、ホクシン1割くらいでしょうか、きたほなみ、ツルキチはゼロにはなりませんが意識的にかなり減らしました。農林61号も僅かにいるはずなのですが…。もちろんその他小麦もいるはずですが見た目ではよくわかりません。


視線を古代小麦にあてたノア6

こうして見ると結構多いですね。現代小麦と古代小麦の比率は7:3くらいでしょうか、こちらもよくわかりません。


収穫したノア6の粒(水分率は約25%)

熟期の遅い古代小麦の殻がまだ青みがかってます。あまり収穫を待ちすぎると危険なのでこれはしょうがないです。

「麦の青刈り十年で蔵が立つ」この格言を信じましょう(経験的にもその通りです)。

古代小麦が混ざっているので籾すりの作業が必要になり、選別は収穫が全て終わってからになります。