カテゴリー: スペルト

スペルト栽培は現代小麦と比べどういうところが手間なのか?


スペルト(violet)2020

Q.スペルト小麦が現代小麦に比べて具体的にどういうところが手間なのか、現実的かどうかは別にしてその手間を軽減出来る方法(機械導入など)はあるのでしょうか?

スペルトならではの具体的な手間の増加としては、

・種子が入手困難、高価である
 解決方法:一度でも入手出来れば自家採取できる
 問題点:種の売買契約で自家採取や譲渡を禁じられる場合がある
 問題点の解決方法:オープン種子の入手

・草丈が高く熟期が遅いため、除草剤を使わない場合は雑草対策が激増する
 軽減方法:先見的な手取り除草、機械除草
 ※畑作地帯の場合

・殻つきのため収穫、運搬、乾燥の手間が約2~3倍増える
 軽減方法:コンバインで脱穀されやすい系統品種の導入
 問題点:種子が入手困難

・殻つきのため籾摺り作業が必要になる
 籾摺り機の新規導入

・殻(籾)の量が多いため、処理の手間が増える

手間が増えるのはこのくらいでしょうか、その他にもリスクが増えます。

・冬枯れしやすい
・穂発芽の危険性が高い(梅雨のある地域はより危険だそうです)
・草丈が大きいため倒伏の危険性が高い
・DONが出やすい場合もあるそうです
・現代小麦と同等な共済保険に加入できない

収益への直接的な影響は大きいです。

・収穫量が現代小麦の2~3分の1
・小麦の交付金が交付されない

リスクはそのまま全損に繋がる可能性が非常に高く、それを補うための価格転換をしなくてはなりません。

栽培上のメリットとしては、肥料分が少なくて済むくらいでしょうか?でも収穫量が減るならメリットでもないですね。家畜でもいれば殻(籾)や藁の量が多いのはメリットになるのかもしれません。

スペルト、その他試験栽培小麦の種まきをしました


スペルト2020、エンマー2020、ライ小麦らしき小麦2020

背丈が高く収穫期の遅いスペルト、無除草剤での雑草対策として条間(麦列と麦列の間)を広くとり機械除草が出来るようにしました。

普段小麦には使わない播種機を出してくるのも一手間、機械除草も何手間も増えます。

何より手間なのは、この辺りでは誰も見た事も聞いた事もない栽培方法を、また模索して一から構築しなくてはならない事です。

メリットは機械除草が上手くいけば来年6~7月の手取り除草をしなくてもよくなる事でしょうか。上手くいけばダイオウからも解放されます。

参考までに、小麦の本場からの輸入ドリル(小麦の播種機)の条間は約12.5cm、この辺りでは主流の国産ドリルの条間は30cm、賛否両論ありますが収穫量の差はさほどないようです。

条間30cm → 69cm はさすがに空けすぎと誰もが思うでしょう。自分でも思います。

別にもう新たな取り組みとか挑戦とかしたくない年頃ですし、そもそも何でこんな事をしているのかよくわからなくなる時もありますが、とりあえずどうなるのか楽しみです。

スペルト小麦「spelt violet」をご用意いたしました

オープンで自由に使えるスペルトです。用途はご自由にどうぞ。

1キロ2?,???円のオープンな種子を購入してから、苦節丸3年かけてようやくです。

手間暇がもの凄くかかっていて、まだ少し高価になってしまいますが、半値以下と思えば格安ではないでしょうか?

苦労が多く割に合わないスペルト栽培になると思いますが、どなたか増やして、また半値以下で売ってあげてください。

 
「開花期以降、登熟が進むと茎の色が紫に変色する美しいスペルト種です。※土壌、気象条件によって変色しない場合もございます。」

価格は ピリカアマム【小麦 spelt violet】#種子利用可#無農薬 より御覧いただけます。

新麦4種での試作パン、ピッツァの食べ比べをしました


今回カタネスタッフさんのお力添えで、収穫したばかりのキタノカオリ、スペルト、ノア6、ヂュラムでのパン、ピッツァ試作食べ比べをしました。

生地づくりについての感想

吸水率 キタノカオリ>スペルト=ノア>デュラム

同じ水分量の時の生地の硬さ キタノカオリ>スペルト>ノア>デュラム

スペルト小麦について
生地がミキシングでつながりやすい
発酵中に酵素が働くのか生地がゆるむ(最初に水を入れすぎるとダメ)

デュラム小麦について
生地がミキシングでつながりにくい


左から春よ恋&スペルトのフォカッチャ、デュラムのピッツァ、スペルトのピッツァ、キタノカオリのピッツァ、ノアのピッツァ。

一昨年の種まきからの念願が叶いました。貴重なご試作ありがとうございます。

ノア6の生地が柔らかく膨らんでいて食べやすくピッツァ用途としても高評価をいただきました。と言っても、ノアにはキタノカオリもスペルトもデュラムも含まれていますので、キタノカオリもスペルトもデュラムもみんなが美味しいお陰だと思います。

肝心のデュラムに期待していた特別な美味しさはありませんでしたが、ピッツァ用途として美味しい小麦でした。

スペルト2019、ライ麦2019の収穫を無事に終えました


スペルト2019 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

完熟よりは少し早めの収穫でしたが、何度も言います「麦の青刈り十年で蔵が立つ」です。

このナッツのようなコクのある風味がするであろう、茎が紫になるスペルト種は足掛け3年目にして、ようやく初めて明日粉になりピザになる予定です。


ライ麦2019 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

人生初のライ麦コンバイン収穫に心が躍りました。

ライ麦と小麦の栽培・収穫は作業的には大差ないのですが、ライ麦の青い粒がタンクに溜まっていくのを実際に目にするとさすがに感動しました。

今シーズンの収穫も機械の大きな故障がなく、無事に終えられた事に感謝いたします。

札幌からTepp’sさんが農場視察に来られました


Tepp’sさんとオープンスペルト2019

Tepp’sさんは札幌市中央区(狸小路)にあるパンとワインと食事のお店で、天然酵母かつオーガニックの小麦粉など素材を吟味したハード系の食事パンをオーナー自ら焼いておられます。

ワインも自然派のものを吟味して仕入れているそうで、札幌での夕食に是非とも、いや絶対に足を運びたいお店です。

※当農場のホクシンを原料とするオーガニックスムレラをパン種やカンパーニュに使っていただいております。