カテゴリー: はるきらり

arracher les patiences (アガシエ レ パッシオンス)、不可解に思える事象の意義


はるきらり2018 #bio#pirkaamam

フランス語でダイオウ(エゾノギシギシ)はpatiences(パッシオンス)だと教えてくれました。
パッシオンスを抜く(arracher:アガシエ)、つまり「ダイオウぬき」。

フランスのビオ(オーガニック、有機栽培)の小麦畑にも、ダイオウはあるのでしょうか?

ベースベーカリーさん御一行が、ダイオウ抜きの求人をブログで見たと、急遽週末に駆けつけてくれました。スペシャルゲストのベルさんも一緒にです。

WWOOFみたいで大丈夫と時給は一切受け取ってくれません、こんなことあるんですか?

 
気がつけばもう10年以上もダイオウぬきを続けています。
ダイオウの種を畑で増やさないように、年々少なくなっていくダイオウをみて、いつか楽になる日を夢みながら。

なのに、去年のホクシン畑の後に猛烈にダイオウ株が増えていて、冬の凍結(ダイオウの枯死)もなく、雪解け後の無数のダイオウをみて少し心が折れかけていたのですが、ダイオウに起因した一連の出来事をみていると、今ではそのダイオウすら意味のあることに思えてなりません。・・・まあ偶然なのでしょうけど。


雨の中、なかなか帰ってこないモミさんを迎えに行ってダイオウを抜いているの図。

思うことは山ほどありますが、今はまだ心にしまっておきましょう。

きっと、今年みたいなダイオウぬき(ダイオウの多発)はもう今後はないと思います。

「ダイオウぬき」という日本の仕事


はるきらり2018 #wwoof#organic#pirkaamam

「ダイオウぬき」という単語、仕事を覚えてくれました。
足を使ったスコップの扱いも上手になりました。

こんなに足跡、スコップ跡のたくさんある麦畑も、そうそうないと思います。

「ダイオウぬき」をイベントにする。
やりようによっては面白いのかもしれませんけど、抜いた量を競うダイオウダービーとか?、ダイオウ株元に何か埋めてレアダイオウ探しとか?

ずっと一人でしていた時間が長かったので、もう充分なイベントに感じます。

「はるきらり」の中に雑草とダイオウがほぼ生え揃いました


はるきらり2018 #植物性オーガニック#pirkaamam

シロザ(アカザ)、オオイヌタデ、エゾノギシギシ(ダイオウ)がびっしり生えています。

こんな状態でちゃんと小麦が雑草に負けず収穫できるのか、いささか心配です。

案ずるより産むが易しだといいのですが、これで大丈夫ならそれはそれでミラクルだと思います。


何事も経験です。

それにしても今年はダイオウがとても多くて、まだこんなに土の中に種が残っていたとは・・・、もう10年以上も種を落とさないようにしているのに。

猫の手でも借りたい状況で、この間の大学生ウーファーさんに教えてもらった農家バイトを試すべく、急遽近隣の大学にダイオウ抜きの求人広告を出してみました。

こうした求人は初めてなので、来てくれるのかドキドキします。

「ハルキラリ」とその他小麦2種類の種まきをしました


ハルキラリ2018 #pure#pirkaamam

悩んだあげく結局自然栽培を貫き通す事になりました。
実質評価されない自然栽培に嫌気がさして、牛糞堆肥多投の普通の有機栽培に戻すことを考えましたが、何とか踏みとどまっております。

普通の有機栽培に戻すだけなのに、別に悪い事などしてないのに、何となく後ろめたい気持ちになるのは何故でしょうか?

今度の展望として「有機栽培」JASシールではなく、「より自然な栽培」pirkaamamシールを作ろうかなんて考えにもなってます。
評価されないことを嘆くより、きっともっと自分が強くなるしかないんですよね。
(信頼がないうちは第三者機関の有機圃場認定をもちろんしっかり受けます。)


ホラーサーン2018 #pure#pirkaamam

北海道で栽培できないとのことですが、ものは試しです。


農林61号 #pure#pirkaamam

北海道では越冬できないと思うので、まずは春蒔きで試してみます。
尊い意思を継ぐ小麦です。貫き通したので、これで丸山さんにも胸を張る事ができると思います。

エヤンペオピッタ ~大切なものすべて~


フォルコン「キタホナミ」

約1ヶ月ごとに原材料が切り替わるフォルコンブロート。・・・だったんですね。

その第1弾には、有機・自然栽培の「きたほなみ2017」が使用されています。

「きたほなみ」は国産小麦で圧倒的シェアの道産小麦です。


フォルコン「ホクシン」

お次に登場したのは「ホクシン2017」(以降も原料は全てオーガニックです)

この、人気があろうとなかろうと、原料をスッパリ切り替える試みは8月から12月末まで続くことになりました。

第2弾で風味の王者ホクシンが登場しています。

お客さんはどう感じたのでしょうか?


フォルコン「ハルキラリ」

さらに、春小麦最新品種の「はるきらり2017」と続きます。

後で教えてもらったのですが、全て「小麦の品種名」をあえてパンの名前にしたそうです。

こうすると、パンを買う時に小麦の名前を自然と覚えるように、確かになります。

フォルコン「春よ恋」

「春よ恋って小麦の名前なんですか?」と言う声を何度か耳にしました。

実は需要倍率3倍、業界人気NO.1の「春よ恋」が第4弾で登場です。

もし毎月このお店に通っている方がいたとしたら、「麦の名前」と「麦の味」を知ることになったと思います。

あなたは、あなたの命の糧となっている、いつも食べているパンの「麦の名前」と「麦の味」をご存知ですか?


フォルコン「エヤンペオピッタ」

2017年の締めくくりは「ノア2017」でした。あれ?スペルトだったかも・・・。

この構成は面白いですね。なったのかそうしたのかは、ご本人に聞かないとわかりませんが、ここにきて品種名から「エヤンペオピッタ」ですからね。

パン屋さんでパンを買うだけ(失礼でごめんなさい言葉のあやです)なのに、何でしょうかこの感じは?
もの凄くゆっくりとした時間の流れの中で、まるで壮大な物語を体験しているように錯覚を覚えます。

お待たせしました、やっと製粉できました、ノアが凄かったです


ようやく作業が一段落した感じで、やっと念願の製粉作業まで漕ぎ着けました。
手持ちの製粉機での製粉の感想を書いておきます。

製粉機スペック:国光社ひかり号A-1・篩セット(60メッシュ)
玄小麦の水分率はどれも約12.0%です。

きたほなみ:胚乳がきめ細かくて篩が目詰まりする。粉・フスマがしっとりしていて製粉機のタンク根元が2周目から詰まる。
ホクシン:きたほなみと同じ。詰まるので非常に時間がかかる。
はるきらり:胚乳がガラス質で篩通りもよく、問題なく製粉できた。
ノア:2周目までは胚乳がガラス質のようで篩通りよく問題なし、3週目以降は胚乳・フスマがしっとりした感じに変化したが、詰まることなく製粉できた。
春よ恋:はるきらりと同じ。胚乳が白くて綺麗。

現状の製粉機では、中力品種のきたほなみ・ホクシンは製粉できないとの判断をせざる得ない残念な結果となりました。


ノア2017.bio i6083(i:金臼、60メッシュ、歩止83%)

ノアが凄かったのは、製粉過程での珍しい粉質の変化もそうですが、挽きあがりが美しい黄色い粉になったのには感動が一入ありました。

ある程度フスマを取り除いた、ある程度白い粉でのパンの試作がまだなので、どんなパンになるのか凄く楽しみです。