カテゴリー: ホクシン

自然栽培ホクシンを僅かですが必要な方に販売いたします


ホクシン2019 P3 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

一昨日収穫したばかりの自然栽培ホクシンの玄麦です。

コンバインで収穫 → 乾燥機で水分率12.5%以下に乾燥 → 唐箕(風力選別)で比重の軽い屑を除去 → 網選別で2.0mm以下の細麦を除去 → 精麦機で麦表面の汚れを削り磨く → 再度唐箕にかけながら目視で異物がないか確認

少量なら大掛かりなラインは必要なく簡単に選別できます。

有機ホクシンは全量出荷済みですが、お得意様用として最大10人分(9.5kgずつとして)だけ残しておきました。※そんなに使う方はいないと思いますけど…。

必要な方、使ってみたい方はメールなどでご連絡ください。ショップには載せません。

価格(お一人様2点(38kg)まででお願いします。2点の場合は19kgでまとめれるものはまとめます。)
ペア19kg(ツルキチ2018 9.5kg & ホクシン2019 9.5kg) 6,800円(税込・送料込)
ペア19kg(春よ恋2018 9.5kg & ホクシン2019 9.5kg) 7,300円(税込・送料込)
※ホクシンのみの単体販売は致しません。あくまでお得意様用(普段使いのお供として)です。

まだあります。
もうないです。

小麦の水分率のお話、せっかくなので小麦に詳しくなっていただきます


バーナーで熱風を送り一晩かけて小麦を乾燥させます。小麦が熱で変質しないよう適度な温度に自動で調整され、朝には自動で停止しています。

小麦は畑でコンバインで収穫したら、すぐに乾燥機に入れて乾燥を開始します。

例えば、今年の刈り取り開始時の小麦の水分率は約36%だったのですが、このまま置いておくと一晩で発酵熱を出してしまうため、ひとまずは保管のための乾燥と考えて良いと思います。

運よく炎天下が続き畑でもの凄く乾燥が進む年が5年に1度位はありますが、やむを得ず(穂発芽を避けるため)高水分収穫になってしまう場合がほとんどです。


小麦の穀物検査では水分が12.5%以上だと等級外になってしまいますので、誤差も考慮して11.8%での停止設定をしています。30分おき位に水分が自動計測され3回続けて設定値を下回ると自動で停止します。

右に「30.4」(%)と表示されているのは直近の計測値です。

ちなみに、刈り取り前の自然乾燥で過去最高に水分率が低かったのは14.5%でした。

小麦の長期保管について、経験から言えば16%位まで乾燥してれば(状態良く)一年置いてもカビる事はなかったのですが、保管状態によっては結露したり危険なラインです。20%以上の保管は止めた方がいいです。

今シーズンの小麦収穫がホクシンからスタートしました


ホクシン2019 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

いつからかずっと毎日のように曇り空、もう太陽がどんなものか忘れかけてます。

今年の小麦開花は異例に1週間ほど早いとのことで収穫も早まる予測でしたが、その後の気温が低く推移したため結局は平年並みの刈り取りスタートとなりました。

登熟期間が長い場合は収穫量が多いと期待されるのですが、収穫してみるとそうでもないどころか、収穫量が年々減少していてかなりの危険信号です。

多肥で多収穫を望むように育種されている現代の小麦品種を、自然な栽培方法で何とかしようとするのが土台無理な話なのでしょうか?

自然栽培ホクシンは人気のようですが、経済的な理由からもう継続は困難であると判断せざるを得ないようです。

ホクシンの最終手取り除草を行ってます


ホクシン2019 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

WWOOFのホストプロフィールに「カフェは週一営業のため、カフェを目的とした場合ご期待に沿えないと思います」「作業はダイオウの除草と豆の手より、麦みがきです」と書いたら、全くと言ってよいほど応募がありません。

WWOOFが何なのか少しわかった気がするホスト3年目の夏でした。

と言う訳で日曜日に一人寂しく、ダイオウ・マツヨイセンノウ討伐をしてました。

モジャモジャの白クローバのお陰で歩くだけで重労働です。

ホクシンも今年で最後かと思うと、ひたすら歩きまわった小麦の手取り除草、過去の長い年月が走馬灯のように駆け巡りました。

積雪が少なくて小麦が茶色くなってますけど大丈夫ですか?


ホクシン2019 #無農薬#無肥料#pirkaamam

小麦畑に行って小麦の株を引っ張ってみればすぐにわかります。
大丈夫じゃない場合、枯れていれば軽く抜けてしまいます。


ホクシン2019 #無農薬#無肥料#pirkaamam

ホクシンは大丈夫そうです。

冬枯れ防止の殺菌剤(農薬)を使用している場合、毎年青々した小麦が雪の下から出てきますから、殆どの小麦生産者の方々は茶色くなった小麦畑を見慣れないのかもしれませんが、自然界を見渡せば、ある程度茶色くなるのはある意味自然なんですけどね。

小麦は積雪が深いより土壌凍結が深い方が越冬性が良いようなので、今年の冬は逆に心配ないくらいだと思ってます。

「ノア(6)」「ホクシン」の発芽が綺麗に揃いました


ノア2019 #organic#より自然な栽培#pirkaamam

多品種化が進み、古代小麦の比率がさらにUPした事により、代を重ねるノアに風格が出て参りました。
パン用として打倒キタノカオリの念願は果たせるのでしょうか?

キタノカオリも結構な量が入ってるし、キタノカオリより人気のスペルトも結構な量が入ってるので、まあまあいい線いってるんですけどね。


ホクシン2019 #organic#より自然な栽培#pirkaamam

全量をアグリシステムさんに出荷する予定です。
後に麦の風工房さんで石臼製粉、オーガニックスムレラとして登場すると思います。

粒のまま玄小麦として使いたい方は、人の健康と幸せの為によりよい未来の為に、諦めずに声を上げ続けましょう。