カテゴリー: 春よ恋

「春よ恋」完売いたしました。ご愛顧ありがとうございました。

今回の出荷分をもちまして「春よ恋」をすべて完売いたしました。

日頃より無農薬小麦へのご理解とご支援、誠にありがとうございます。

春まき小麦を試験的に3年3シーズン栽培(春よ恋とハルキラリ)して、無農薬での春まき小麦栽培はDON(赤かび毒)のリスクが高すぎて経済行為として取り入れるべきではないと結論付いた感じです。

DON濃度としては流通を許可される許容値1.1ppm以下ではありましたが、3年間2品種ともほぼ許容値上限に近く、今後も栽培していく中で不安やリスクが大きすぎるため、春まき小麦に関しては無農薬での栽培を継続する事は出来ないと判断しました。日頃よりよく言ってますが、農業は平穏・安定した暮らしのために行われるべきでギャンブルではありません。ましてやメリットがさほどなく損失の可能性のみ大きいギャンブルを生産者があえて背負うことで、誰かが一時的に利益を得たとしても結果心に残るものは不信でしょう。

DON濃度の規制緩和で許容値2.0ppm以下にでもなれば話は別で、仮に2.0ppmでも健康被害が他の〇〇〇や〇〇〇ほどあるのか甚だ疑問ですが、今はまだそういう世の中なので仕方ありません。


春まき小麦のアインコーンを秋まき試験栽培しています。

発芽率がどうやらよくないみたいです。

冬は越せないと思いますが、どうなるのか来春が楽しみです。

ノアR(ainbow)のご愛顧誠にありがとうございました


お陰さまをもちまして完売いたしました。
ご愛顧誠にありがとうございました。

「混播できない春小麦と秋小麦の虹の架け橋」

NoahR(ainbow):ノアレインボー
Noah4R : noah4 × 春よ恋
Noah5R : noah5 × 春よ恋 × ツルキチ

Rとしては約2年間の登場でしたが、瞬く間に感じます。

今後はシロザ(雑草)が猛烈に増える春小麦の栽培予定がない事から、本当に限られた期間、限られたお店での思い出の一幕となりました。

風変わりな試みにお付き合いいただき、パン屋さん、お菓子屋さん、パンやお菓子を手にとって頂いた方々には、心より感謝を申し上げます。

もし、春よ恋が8月まで残っていればノア6Rも出来なくはないですが…、ここで有終の美を飾ることといたします。春よ恋はとても良いとても美味しい小麦品種でした。

まだもう少しの間、日本のどこかでノア5Rのパンやお菓子に出会えるはずです、見つけたらアングラな小麦史に是非ともご参加ご賞味ください。

ノアは粉での販売はしておりません。ノアのあるお店は手間隙を惜しまず自家製粉している極小数のお店だけです。そのお店はきっと大切な何かを心のどこかで感じられる方がおられるお店なんだと思います。

今後はより小麦アレルギーに配慮していきたいと思います


キタノカオリ2019 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

一口に小麦アレルギーと言っても、原因が全て小麦にあるとは言いきれないですよね。
ここで言う原因とは原の原の原因のことです。

ポストハーベストのない国産小麦ならアレルギーが出にくいとか、無農薬の小麦ならよりアレルギーが出にくいとか、スペルト(古代小麦)ならもっとアレルギーが出にくいとか、グルテンフリーとか、そう言うことよりももっと根本的な原因がわかれば一番良いのではないかと思います。もっと良いのは自分でそれに気がつけることなんだと思います。

配慮していきたいと思っても実際に何が出来るかはわかりませんが、思ったしだいです。


チクテベーカリーさん、家製粉(石臼)の優しいまるのカンパーニュにノアを使っていただいてます。

生産現場では小麦アレルギーの方から何らかの感想をいただく機会がないのですが、無農薬で自然栽培、古代小麦と混植してるノアの小麦アレルギーへの影響はどのくらいなのか気になるところです。

ましてや家製粉(石臼)で新鮮な粉、天然酵母で優しい製法のこれ以上ないパンにしていただいてます。


こちらもチクテベーカリーさん、家製粉春よ恋の粗挽き小麦のカンパーニュ、独特な食感ですが製粉の再現が難しいとのことでした。

自然栽培は決して放任ではありません、楽だと思って自然栽培をすると痛い目にあいます。

ベーカリーさんが自家製粉するのも、自家培養酵母も、オーガニックの小麦を使うのも、早起きするのも、他にも他にも重なってくると、思う以上にたいへんな事なのではないでしょうか?

東京の人はちゃんとわかってくれているのでしょうか?ちゃんとわかってくださいね。

新麦「春よ恋」をご選択いただけるようになりました

新麦「春よ恋2018」の出荷体制が整いました。ショップから2017年産もしくは2018年産をご選択いただけます。

新麦ばかりが人気になってしまうと前年産の小麦が倉庫も経営も圧迫してしまい、ギリギリにもなっていない自然栽培小麦販売廃業となりかねないため、このような価格設定となりました事にご理解いただけると助かります。

「春よ恋」の収穫を無事に終えました


春よ恋2018 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

春よ恋の収穫をしました。
春小麦も例外なく収穫量は少なかったのですが、現在の販売能力では丁度良いのかもしれません。

より自然な栽培とは、知名度の上がった「無肥料・無施肥」の自然栽培ですが、「無肥料・無施肥」は自然の循環サイクルからすると、持ち出し(収穫)はするけど返さない(無施肥)、ある意味不自然なこととも言えます。よく自然を観察し、より調和を心がける栽培方法が本来の自然栽培だと思い「より、な」を付け加えています。自然栽培と区別するものではありません。

ご縁が繋がる至極のあんタルティーヌ


マダムルージュさん、t屋シェフが春よ恋2017-i6083を使ったパンを焼いてくれました。

いきさつとしましては、あんころりんさんのご紹介によるご縁です。


ブーランジュリー マダムルージュの新作“ピリカアマム”に、さらなるいきさつが書いてありました。

ことの発端がKベーカリーさんだったとは・・・。


名前が「ピリカアマム」!?

お忙しいなか貴重かつ心に残るパンをありがとうございます。

さらに、至極のたいやきとあんぱん=中川農場のエリモ小豆×一丁焼このはのたいやき×マダムルージュに、まさかのあんタルティーヌが。

たくさん足を運んでくれたんですね、もの凄いご縁のコラボにとても感謝しております。