カテゴリー: パン

今後はより小麦アレルギーに配慮していきたいと思います


キタノカオリ2019 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

一口に小麦アレルギーと言っても、原因が全て小麦にあるとは言いきれないですよね。
ここで言う原因とは原の原の原因のことです。

ポストハーベストのない国産小麦ならアレルギーが出にくいとか、無農薬の小麦ならよりアレルギーが出にくいとか、スペルト(古代小麦)ならもっとアレルギーが出にくいとか、グルテンフリーとか、そう言うことよりももっと根本的な原因がわかれば一番良いのではないかと思います。もっと良いのは自分でそれに気がつけることなんだと思います。

配慮していきたいと思っても実際に何が出来るかはわかりませんが、思ったしだいです。


チクテベーカリーさん、家製粉(石臼)の優しいまるのカンパーニュにノアを使っていただいてます。

生産現場では小麦アレルギーの方から何らかの感想をいただく機会がないのですが、無農薬で自然栽培、古代小麦と混植してるノアの小麦アレルギーへの影響はどのくらいなのか気になるところです。

ましてや家製粉(石臼)で新鮮な粉、天然酵母で優しい製法のこれ以上ないパンにしていただいてます。


こちらもチクテベーカリーさん、家製粉春よ恋の粗挽き小麦のカンパーニュ、独特な食感ですが製粉の再現が難しいとのことでした。

自然栽培は決して放任ではありません、楽だと思って自然栽培をすると痛い目にあいます。

ベーカリーさんが自家製粉するのも、自家培養酵母も、オーガニックの小麦を使うのも、早起きするのも、他にも他にも重なってくると、思う以上にたいへんな事なのではないでしょうか?

東京の人はちゃんとわかってくれているのでしょうか?ちゃんとわかってくださいね。

自家製粉の全粒粉を上手に使っていただいてます

「自家製粉してみたいけど難しそう」そう思う方は多いのではないでしょうか?

実は「小麦粒を粉砕して小麦粉にするだけ」なら卓上型の小型電動石臼がありますしとても簡単です。

一歩進んだとしても、

全粒粉にするのは簡単だし良いのはわかるけど「全粒粉をそのまま使うのは難しそう」そう思う方も多いのではないでしょうか?

そしてフスマを取り除くために「手で篩うのがとても大変」、電動篩いとセットの石臼だととたんに高価になるし、場所もとるし、粉が舞って掃除もたいへんだし、目に見えるフスマのロスがもったいない、とだんだんと重い腰になってしまいます。

結局「そんなに違わないし買ったほうが楽でいい、今まで通りが楽でいい」となってしまいがちですが、そんな方に朗報です。


横浜市泉区にあるレピジャポネさんの「オーガニック全粒粉入りクロワッサン(全粒粉 20%配合)」

何事も一気に変えようとするから大変です。何事もコツコツが肝心です。

レピジャポネさんでは全粒粉を上手く配合して使っているようです。

理想を求めて結局は何もできないまま、極端から極端への思考の方に是非ともお手本にしていただきたいと思う次第です。


レピジャポネさんの「金曜日限定 全粒粉100% 自家製酵母のオーガニックパン」

先週から週一回限定で全粒粉100%のパンをお店に並べています。

どんどん前に進んでいる方は一歩一歩着実に前に進んでいます。

「レピジャポネは、食べる人の体の安全と安心を本気で考え、時間と手間暇をかけ丁寧にパンを焼いています。」
「安心安全な原材料に対する想いを持ち、「毎日食べたい、日々のパン」を作っています。」

ほら、ここにもちゃんと心あるパン屋さんがありましたよ。

ベーキングガレージハリマヤさんでノア5のパンを通パンできます


BAKING GARAGE HARiMAYAさんは石臼をお持ちのベーカリー製粉のパン屋さんです。

本格的なハード系のパンやノアのパンは こちらのインスタアカウント にずらりと載ってます。

instagramにノアのパンをたくさん載せていただいてるのに、いつかお礼をとずっと思いつつも遅くなって申し訳ございませんでした。

母方の故郷和歌山ではハリマヤさんと3ftさんが頑張ってくれてると思うと、もう南に足を向けては寝れません。

自家製粉のベーカリーに注目!独創的で目からウロコのパンは日本のどこかにまだあるんですね!


3ftさん「はちみつナッツ」NOAH5-100%

食べる手がとまらないです。

いやーやっぱり自家製粉のベーカリーは一味も二味も違うと改めて感じさせられました。

鶏とタマゴじゃないですけど、自家製粉する職人さんとはなにか?を考えてしまいます。


瑞々しいカンパーニュ、NOAH5-100%

見た目はよくあるカンパーニュなのに持った時のプルンプルンが衝撃的でした。
これいいの?って今でも思います。プルンプルンのもはやプリンです。

その他にもいちじく入りのは、なんて言うか瑞々しさが半端なくもうゼリーの領域でした。
もちろんしっかり膨らんでます。

どのパンも食べ過ぎを躊躇するものの次の一切れを切ってます。

貴重なご試作をありがとうございました。

パン好きの方、全国パン巡りをされてる方は、絶対に行った方がいいです。

ご縁が繋がる至極のあんタルティーヌ


マダムルージュさん、t屋シェフが春よ恋2017-i6083を使ったパンを焼いてくれました。

いきさつとしましては、あんころりんさんのご紹介によるご縁です。


ブーランジュリー マダムルージュの新作“ピリカアマム”に、さらなるいきさつが書いてありました。

ことの発端がKベーカリーさんだったとは・・・。


名前が「ピリカアマム」!?

お忙しいなか貴重かつ心に残るパンをありがとうございます。

さらに、至極のたいやきとあんぱん=中川農場のエリモ小豆×一丁焼このはのたいやき×マダムルージュに、まさかのあんタルティーヌが。

たくさん足を運んでくれたんですね、もの凄いご縁のコラボにとても感謝しております。

事実は小説より奇なり、ご来店いただき誠にありがとうございます


ほぼパン職人さんしか見ていないであろう(憶測)当ブログのカレンダーにCafe営業日(5/3)を書き込んだのが数日前。
ウーファーさんがいれば何とかなると、この時点で用意されていたメニューはコーヒーとジュース2品のみ。

さすがにドリンクのみでは…と思い、直売所の体を成すために金時豆を準備したのが前日夕方。
金時豆を第一弾としてインスタに載せたのが当日10時頃、オープン時間をPM1:00~PM4:00とインスタでも告知。

あいにくの雨でウーファーさんと突然パンを焼く事に(10時頃)。

オープン看板もなく告知はブログとインスタのみなので、近隣の誰が知る由も来る理由もなしと余裕の練習日。

クローズ30分前に焼きあがる予定のバターロールを個人的に楽しみにしていました。

ここからまさかの、知人 → 知人 → お客様(ネットで知ったそうです)。

誰も来ないとたかをくくっていたとは言え、客商売を甘くみていたことを反省いたしました。
偶然ながらバターロールがあって本当に良かったと思い感謝したしだいです。

帯広周辺部の方は是非とも instagram/ピリカアマム をチェックいただけるよう、よろしくお願いいたします。