カテゴリー: その他小麦

小麦の収穫(2022)を全て終えました


試験栽培ブラックエンマー #pirkaamam#bio#organic

ようやく今頃小麦収穫が終わりました。もう近隣で今頃小麦収穫してる人なんて誰もいません。後片付けや何やらでどっと疲れました。

しばらくは適正価格でのエンマー需要がないでしょうから、楽しめる範囲にしておきます。


試験栽培アインコーン #pirkaamam#bio#organic

アインコーンも同じく楽しめる範囲にしておきます。

エンマーとアインコーンは登熟が遅いのでかなり面倒です。見栄えのいいノゲも正直面倒です。かつ国産かつ自然栽培だと適正価格はキロ2,000円くらいですね。きっと。

名前のない小麦


名前のない小麦(2022) #pirkaamam#bio#organic

旧ぽつんと生えていた小麦らしき麦→旧奇跡の小麦→旧らしき麦→旧短幹易脱スペルト→旧新種のるつぼ→旧優しい小麦→名前のない小麦←now!

外見は小麦のようにみえるが、本当に小麦である証明をする手段なし、小麦のような何か。

旧名前のない小麦→小麦のような何か

次候補↓

「おそらく小麦」

「小麦100%」

「新麦コレクション」

「小麦?」

幻の試験栽培チベット小麦ご褒美4


チベット小麦(100%か60%か70%だったはず)、自家製粉、自家酵母、「Trente Trois(トランテトロワ)」さん。

酸味:★★★☆☆

試作では酸味が出過ぎてしまったとの事ですが、★3を普通としてますし、そんなに出過ぎてるほどではないように思いました。

ある意味製品として削ぎ落された(言い方気を付けないとですね)パンより、生々しさ躍動感のあるこうしたパンを頂ける機会が何より貴重で尊い事だと思ってます。


チベット小麦(100%か60%か70%だったはず)、自家製粉、自家酵母、「Trente Trois(トランテトロワ)」さん。

酸味:★★★☆☆

100%と60%か70%を食べ比べてみると、どうやら100%だとチベットの風土(行った事はないですけど)が脳裏に浮んできて、60%か70%だとチベットがなりを潜めてずいぶんとあか抜けた感じになるようです。

「結構挽いた感じは粒子が荒くプチプチしてて、面白かったです。」

何気なく一言添えられているこうした感想がとても為になり嬉しいです。

ほんの僅かなサンプル量でしたのに、手を変え品を変え試作に多くの手間と時間をかけていただいていると思うと本当に頭が下がる思いです。

ただ、トランテトロワさんだけでなく数名の方に見られた傾向として+サービス品が多すぎます!嬉しい気持ちが第一としてもちろんあります、ありますけど申し訳ない気持ちが上回ってしまいますので出来れば次回(があればですけど)はレターパックプラスに入るだけの量でお願いします。※注意書きしていたレターパックプラス採用は一人もいませんでした。さすが最前線で生き抜いているパン職人さん達だと改めて実感しました。

小麦の探究はやり尽くした感があります


スペルト(2系統目) #pirkaamam#bio#organic

品種名なし、利権(種子の権利)の絡まないオープンスペルトの2系統目です。

短幹で登熟が少し早めの傾向にあり栽培しやすいのかと数年前は思いましたけど、今となってはスペルトの草丈の高い利点が損なわれているように思います。

収穫期が少しずれるのはリスク分散には良いのかもしれません。

あと、風味はどうなのかですね。


(←)アインコーン、(→)エンマー #pirkaamam#bio#organic

エンマーにはやる気と言うものが全く感じられません。全滅はしないスタンスらしいです。

アインコーンはブラックとホワイトのミックスです。ほぼ全滅かと諦めてたら遅れてグングンきました。


ブラックエンマー #pirkaamam#bio#organic

虎の子ブラックエンマー、ようやく存分に増えました。

これでスペルト(殻付き小麦)が結構な弾数になってきました。なってきたのはいいのですが、ここからどれをどう増やしていけばいいのか悩みどころです。ノアいえブレドウポピュラシオンのエポートルドウポピュラシオン化が今後、今風に言えばえぐいことになりそうです。

幻の試験栽培チベット小麦ご褒美3


チベット小麦(60%か70%だったはず)、自家製粉、自家酵母2種、「パン ヨルトノ」さん。

酸味:★☆☆☆☆

※参考までに酸味を主観(★)で表してますけど、基本的に普通が★3です。酸味なのか塩味なのか何なのかよくわからなくなって水でリセットしたくなる事ないですか?それが★1です。

斬新な発想、さすがと言わざるを得ません(60%か70%のうろ覚えで申し訳ないです)。

あのチベット小麦がずいぶんと食べやすくなっていて、一人唸ってしまいました。

次のブレドウポピュラシオン(旧ノア)にチベット小麦が加わるといかがなものか?の不安が完全に払拭されました。

お忙しい中、貴重なご試作をありがとうございました。

教訓:ウィンターベッチを緑肥に蒔くべからず


ウィンターベッチ #pirkaamam#bio#organic

ウィンターベッチを緑肥として蒔いたのが6年前、何故かそれが今でも生えてきます。

普通のヘアリーベッチは何年も何度も緑肥として使った事がありますけど、雑草化して困った覚えはありません。

ウィンターベッチは普通のヘアリーベッチより旺盛に生育し緑肥としては素晴らしくても、秋まき小麦の雑草と化して種子を多くつけて小麦にコンタミして、取り除くのが困難かつ毒性を持ってます。

結論、買おうが貰おうが地力に目がくらもうが絶対に蒔いてはなりません。

幻の試験栽培チベット小麦ご褒美2


チベット小麦、自家製粉、老めん、サワー種、「いちかわ製パン」さん。

酸味:★☆☆☆☆(補足:0.5)

もの凄いです。中でも甘味がある、老化(乾燥)しない、特筆すべきなのはこの2点のように感じました。

製法のメモを添付していただいたのですが、どこまで書いていいものなのか。

届いてから3日は経っていたと思うのですけど、その日もその後も水分補給してのリベイクが必要なかったです。

チベットの情景が目に浮かぶようなチベット小麦独特の風味、個性が理解出来てきました。

いつも感動をありがとうございます。

幻の試験栽培チベット小麦ご褒美1


チベット小麦、自家製粉、自家製サワードゥ、「玄と素 kuro to shiro」さん。

酸味:★☆☆☆☆

切って目からウロコが落ちました(意図的に粗びきにされているとの事)。

独学の天才が姿を現す日はいつになるのか、薪石窯がもの凄くゆっくりとですが着実に段を積み重ねているようです。

チベットの食卓が今後ツァンパかパンかで揺れ動く事になるのでしょうか?

また一つ未練が成仏しました。ありがとうございます。

お得意様へスペルト&チベット小麦のセット販売します


チベット小麦(2021) #pirkaamam#bio#organic

チベットの古代小麦だそうで、好奇心から何年もかけて試験栽培して少しずつ増やしました(種の入手先はこちら)。

去年の7月に収穫→天日乾燥して保管→昨日選別しました。


チベット小麦(2021) #pirkaamam#bio#organic

少ししかないですけど、このまま持っていても仕方ないので、スペルトとセットで販売します。

いつものスペルト24.6㎏(1袋)からスペルトを5kg減らして、その分チベット小麦を5kgの紙袋に入れて、スペルトの入った紙袋の中に押し込んでおきます。

価格算出式は、(スペルトの置場価格÷24.6×19.6)※18,723 + (ノア8ミッシュの置場価格÷24.6×5)※1,843 + 地帯別運賃 です。

– 完売、無くなりました(5/31) -※無くなったら無くなったとここに書きます。先着順につき売り切れ御免です。

置場 20,560
道内 21,190
東北 21,300
関東、信越 21,390
北陸、東海 21,440
近畿、中国、四国、九州 21,490
沖縄 21,500

※スペルト優良リピート割引対象かつスペルト24.6kg購入の実績になります。
※お得意様かどうかはご自身の心でご判断ください。


チベット小麦(2021) #pirkaamam#bio#organic

何年も頑張ったけど、toiさんの試作パン一つ食べただけでした。

もし良かったらチベット小麦のパン・菓子をレターパックプラスで送ってくださいね。

レターパックプラス封筒代(520円)と中身代(480円相当にしてください)として次回1,000円引きします。それかペイペイ送金します。

雪解けが一気に進んできました


Blés de Population(2022) #pirkaamam#bio#organic

(SP70)を種として継いだものです。

今回はどうひねって販売するかが悩み所。


優しい小麦(2022) #pirkaamam#bio#organic

パン屋さんにとってもチャレンジな一品をご用意しております。ライ小麦よりは遥かにマシだと思います。

↓リクエストにあった丹光の現在の様子はこちら。
Continue reading “雪解けが一気に進んできました”