投稿者: pirkaamam

頑張って歩き回ったご褒美


スペルト(2022) #pirkaamam#bio#organic

広大な面積を歩き回り一人手取り除草、疲れ切った体に染みわたるような美しい光景、こうしたご褒美がチラ、ホラ、とあるんです。


スペルト(2022) #pirkaamam#bio#organic

調子に乗ってスペルトの面積を増やし過ぎたと思ってます。

こんなにどうするの?と。あとここでのご褒美はヤバくて言えません。本当に止めてほしい。

それにしても自然栽培の潜在力は危険なほどです。


白クローバ(リビングマルチ) #pirkaamam#bio#organic

白クローバを存分に蒔きたかったと言うのが本音なのかもしれません。ついでにスペルト。

上っ面9割、本音少々、ネットで読める情報なんてそんなもんです。

だからと言って直接会って話したとしても、割合の増減はたかが知れてますけど。

くれぐれも妄信にはお気を付けください。

6月分三行コラム4


スペルト(2022) #pirkaamam#bio#organic

スペルト圃場でのライ麦コンタミは今年はほんの少しで安心しました。

あまり早く討伐すると穂の再生からの再討伐で2度手間になるので、慌てず急がず他の作業の合間を見て進めます。のですが、隠れ潜んでるダイオウが意外と多くて、気が付けばダイオウ抜きしてます。ダイオウを抜きながら思うに、見回りを促す意味では程よく散見されるライ麦も役に立っているのかなと思います。

さて、疲れて寝てしまった締切日を過ぎての3行コラムです。

「今年の6月上旬は近年になく涼しいと言うか寒いくらいの北海道です。皆さまも日頃からの体調管理にお気を付けいただき、いつまでも末永く健康で過ごせるようお願いします。ところで有機栽培と自然栽培の違いはご存じでしょうか?実はまったくの別物と言っても過言ではありません。より自然な栽培なんてのもあります。~さんにお送りしている玄麦はより自然な栽培のスペルト小麦なんです。」

ソバカルチ試行のはずがノーカルチ試行に


キタワセソバ(2022) #pirkaamam#bio#organic

雨曇天低温が続いてダイオウ抜きが捗ったのいいのですが、ソバの萌芽直前カルチ(機械除草)のタイミングを逃しました。

土を無理にかけない分、発芽は綺麗に揃ってます。


キタワセソバ(2022) #pirkaamam#bio#organic

もちろん雑草の発芽も綺麗に揃ってます。ヤバ谷園。

でも別にこれでもいいのかなと思うようになりました。蕎麦より小さな(雑草の)種は選別で問題になりませんし。MAX収量目指して売り先や果てしない野望がある訳でもないですし。

せっかくならもう少しこらえて蕎麦がぐっと伸びた頃にドサっと土寄せしようと思います。


最近、スマホ(主にSNS)に費やしていた時間が無駄だったとようやく気付きました。

市街地から遠く離れた農家パン屋の方の営業するしないの案内はとても便利ですけど、それだけです。

なんであんなに一生懸命に「いいね!」していたのか、「いいね!」して相手が良くなる訳じゃないし、自分は時間の浪費、それなら売り先のない草だらけのソバを相手にしてた方がよっぽど有意義に思います。

なので、SNSは必要最小限というか殆ど全く見なくなりました。「いいね!」はつけませんつけないでください。もしよろしければたまにお声を聞かせてくださいね。

雨が近くてダイオウ抜きがはかどります


イエローマスタード(休閑緑肥) #pirkaamam#bio#organic

ダイオウ(エゾノギシギシ)との格闘跡。

そこそこ多かったけど大した事はなかったです。

涼しかったからなのか、慣れたのか、若い時に買ってでもした苦労が効いているのか。


ユキシズカ(2022) #pirkaamam#bio#organic

ここもダイオウが多かったですけど、大した事はなかったです。

この幾何学的な蒔き方、大豆模様の美しさ、自然な栽培方法も相まって、なんて美しい。

今思えばまるで今のうちにダイオウを抜いておけと言わんばかりの天候でした。

カッコーが鳴いたので種まきを終わらせました


ヒマワリ中(2022) #pirkaamam#bio#organic

山鳩よりカッコーの方が暦通りに鳴くので賢いように思いますがどうなんでしょう?

カッコー、カッコーと、蒔け蒔け言うので言う事聞いて残りの種まきを一気に終わらせました。

未練のあったヒマワリを蒔けて良かったです。ついでに未練のあったソバも後先考えずに蒔いておきました。


ヒマワリ大(2022) #pirkaamam#bio#organic

カッコーが鳴く前に家庭菜園では先行してヒマワリの種まきをしていました。

「綺麗な花を見たい」と言うのが最初の動機でしたのでヒマワリ小(大中小は種の大きさ)を蒔いていたのですが、あれもこれもとヒマワリ選びがエスカレートして、どうせなら食用になるものをと考え始めて、せっかく片づけたプランター(種まき機械)をわざわざ出してまで本格的に蒔くに至りました。

ついでにソバ、大好きだったあのソバ。

さらに販売対象を緩和しました

お世話になっております。

ご注文ガイドの冒頭にあります販売対象をさらに緩和いたしました。

今回は「個人事業(もしくはそれに準ずる小規模)で」を削除いたしました。

どうにも恩着せがましいような真似をしていたとようやく気付きました。今まで誠に申し訳ございませんでした。

引き続きおごる事なく改心(悔い改め)を心掛けたいと存じます。

何年も何十年も先の事を考え土を耕し種を蒔き草取りして収穫、選別、調整、保管、受注、小分け、発送、集金、経理、税金徴収。ちまたで多く見かける生産するのがバカバカしくなるような値付けでの転売は絶対にお断り、これは信念として変えるつもりはありません。

どうぞよろしくお願い致します。

お得意様へスペルト&チベット小麦のセット販売します


チベット小麦(2021) #pirkaamam#bio#organic

チベットの古代小麦だそうで、好奇心から何年もかけて試験栽培して少しずつ増やしました(種の入手先はこちら)。

去年の7月に収穫→天日乾燥して保管→昨日選別しました。


チベット小麦(2021) #pirkaamam#bio#organic

少ししかないですけど、このまま持っていても仕方ないので、スペルトとセットで販売します。

いつものスペルト24.6㎏(1袋)からスペルトを5kg減らして、その分チベット小麦を5kgの紙袋に入れて、スペルトの入った紙袋の中に押し込んでおきます。

価格算出式は、(スペルトの置場価格÷24.6×19.6)※18,723 + (ノア8ミッシュの置場価格÷24.6×5)※1,843 + 地帯別運賃 です。

– 完売、無くなりました(5/31) -※無くなったら無くなったとここに書きます。先着順につき売り切れ御免です。

置場 20,560
道内 21,190
東北 21,300
関東、信越 21,390
北陸、東海 21,440
近畿、中国、四国、九州 21,490
沖縄 21,500

※スペルト優良リピート割引対象かつスペルト24.6kg購入の実績になります。
※お得意様かどうかはご自身の心でご判断ください。


チベット小麦(2021) #pirkaamam#bio#organic

何年も頑張ったけど、toiさんの試作パン一つ食べただけでした。

もし良かったらチベット小麦のパン・菓子をレターパックプラスで送ってくださいね。

レターパックプラス封筒代(520円)と中身代(480円相当にしてください)として次回1,000円引きします。それかペイペイ送金します。

販売対象を緩和していきます

お世話になっております。

ご注文ガイドの冒頭にあります販売対象を緩和していこうと考えております。

今回は「必須:製粉機(石臼等)を所有し自家製粉でご使用される方。」を削除いたしました。

スペルトがあまり売れず「背に腹はかえられぬ」ため致し方ありません。

どうぞよろしくお願い致します。

より豊かな小麦の栽培方法


Blés de Population(2022) #pirkaamam#bio#organic

心の奥底で決心?したような感じになると、もう抜こうとしても手が動きません。

もともと抜きたくて抜いていた訳ではないのですから。


ナズナ #pirkaamam#bio#organic

ナズナ(ペンペンぐさ)の開花も最盛期を迎えました。

花の癒しパワーは凄いですね。


ハルザキヤマガラシ #pirkaamam#bio#organic

約20年近く通ってハルザキヤマガラシを抜き続けた場所、当時より多いくらいです。誰ですか?4年種を落とさせないようにすれば雑草は無くなると言った人は?思想家の言う事には十分にお気を付けください。

気づけばダイオウ掘ってます


はるきらり(2022) #pirkaamam#bio#organic

一体あと何年すればダイオウ掘りから解放されるのか、なぜ種が付かないようにしてるのに、なんなら増えているように感じるのか。

これは何て言う超常現象なのか、何かのカルマが解消されていないのか。


つくし(2022) #pirkaamam#bio#organic

つくしが大豊作のようなので、人生初つくし食をしました。

持ち帰って調理するのが面倒なのでその場で生食しました。

意外や意外、カサカサしててスナック菓子みたいで美味しかったです。知らなくて今まで損してたやつです。やめられないとまらない。食糧危機で昆虫食させられるよりは遥かにマシだと思いました。