カテゴリー: キタワセソバ

スペルト&キタワセソバのセット販売します


キタワセソバ(2022) #pirkaamam#bio#organic

禁断の小麦&蕎麦セット、ご使用は自己責任でよろしくお願いいたします。

蕎麦も当然JAS有機認証での裏付けのあるれっきとした自然栽培です。コストダウンでのご格安提供BULK品につき有機JASシールは貼付しておりません。

『この間、イタリアからTartineベーカリーで働いた事のある今はオーガニックレストランのシェフをされている方が夫妻で視察に来られ、「日本では小麦に蕎麦が一粒でも混ざると駄目って事になってるんですけどイタリアはどうなんですか?」と質問したら、何それ?聞いたことないって表情をして「イタリアでは小麦混入の方に気を遣う(グルテン)」って言ってました。何かなぁって思いました。お国は違えどどこも似たようなものなのかと、もっと自国の食文化に誇りを持った方が良いように思います。~危険って過度に煽り立てる人とその加担をしてる人がです。』

(注意点)チャレンジャーのための玄ソバ、キタワセソバの単品売りはしておりません。ご注文ガイド不掲載。

個数限定ではないので急がなくても大丈夫です。もしよかったら感想を聞かせてください。

【スペルト(2022)20.0kg & キタワセソバ(2022)4.6kg 合計24.6kg】

置場価格 22,614円
道内 23,882円
東北 24,107円
関東、信越 24,290円
北陸、東海 24,389円
近畿、中国、四国、九州 24,487円
沖縄 24,496円

価格の算出式
スペルト(2022)置場価格÷24.6(kg)×20.0(kg)+Blés de Population(無印)置場価格÷24.6(kg)×4.6(kg)+地帯別運賃

♥優割対象、♥スペルト2022感謝割対象、♥スペルトリピート割対象かつ実績になります。

ソバスキルをほぼほぼ習得し終えました


キタワセソバ(2022) #pirkaamam#bio#organic

やっと、やっとソバとの決着がつきました。

種まきから選別に至るまで、なかなかの険しい道のりでしたが、険しいなりに得たものも大きかったように思います。

これでソバ大増産しようと思えば、いつでも出来るようになりました。


ソバの選別はわからない事が多く試行錯誤で2度手間3度手間をかけましたけど、次回があれば1ラインで1回で済ませられます。

今にして思えば選別の難易度は小麦とそんなに変わらないです。

あとは、ソバは比重が軽いので5kg袋にどれくらい入るのか確かめてから、禁断の小麦&蕎麦セット販売を開始します。

いろんな何かが総動員されてる感じあります


キタワセソバ2022 #pirkaamam#bio#organic

茎や葉の水分が高くて苦労したものの収穫成功✨、は約一週間前。※✨(奇跡のソバドラマありマーク)

収穫できて一安心したものの、そのままにしておくとすぐさま発酵熱を出し始めますので、収穫後からが本勝負、時間との闘いです。

ダンプ一台分を粗選機✨で粗い茎を取り除くのに、投入手作業で夜中の2時まで✨かかりました。

フレコン乾燥機エフナ✨の規格外の使い方と、体調を崩す人が多かった季節の変わり目低気温✨で何とか事なきを得ました。


フレコン乾燥機エフナの規格外の使い方では絶対的な風量が足りず、急場をしのいだものの危険な気配を感じたため、急遽小麦に使用していた乾燥機の余剰1台を小麦以外用途機にする事に✨、電力関係で四苦八苦したものの絞りに絞った知恵と工夫で何とかついにここ(水分16%)まで成し遂げました。

ここまでくれば本当に本当の一安心、この後に使う選別機✨が届くまで、しばらくソバドラマはお休みです。

ソバの収穫に手こずってます


キタワセソバ #pirkaamam#bio#organic

たった6反の思いつきで蒔いたソバで大変な目にあってます。

登熟してくると当然ながら収穫を考えます。収穫するのはもちろんコンバイン、小麦に使ってるコンバインでソバの収穫は可能、でも小麦に一粒でもソバが混ざると駄目なご時世、機械類(収穫機、乾燥機、選別機)を共用するとどんなに掃除を頑張っても小麦へのソバ混入を防ぐのはほぼ不可能。

緑肥として鋤き込んでしまえばどんなに楽かと何度考えた事か。どうすれば収穫できるかを何度考えた事か。種まきから100日ずっと苦悩。※通常ソバは75日で収穫とされてます。近隣のソバ師匠が言うにはここらへんの地域は100日との事。

まさに試練の道、ソバ試練、諦めたい気持ちと諦めたくない気持ち。おそらく自家用ではそんなに食べないとわかっているのに、なんでかいつからかいつまでもソバ未練。

小麦のコンバインで収穫して小麦の乾燥機を使って、後先考えずにやってしまおうかと決めにかかれば、思い浮かぶパン屋さんの顔。

100日を超え、1週間の連続雨マーク、たったの6反諦めれば楽、人に意見を聞きまくる過程を経て、なるようにしかならないと思うに至る境地、そして起こる奇跡、神がかるとはまさにこの事なのか。こんな事に神がかりを使ってよかったのか。

とは言っても画像の通りに今日終わるはずの収穫が難航してまだ全然終わってないです。この後どうなるのかもさっぱりわかりません。しかしながら何かとやり切った感はあります。

蕎麦と向日葵の様子


キタワセソバ #pirkaamam#bio#organic

こんな感じにずっと咲いてます。いつ収穫していいのか蕎麦の栽培経験が乏しくてわかりません。

小麦の出穂~開花~登熟はメリハリがあってあんなにわかりやすいのに。


ヒマワリ(中) #pirkaamam#bio#organic

遅ればせながらヒマワリも咲き始めました。思ったより草丈が高くて本当にコンバイン収穫できるのか不安になってます。

2022産玄小麦の販売開始はDON検査結果が届き次第なんですけど、なかなか届かなくてヤキモキしてます。そもそもDON検査なんて必ずしも必要なのか信頼するに値するのか甚だ疑問です。しかもなんで小麦だけ。

スペルトの販売促進に付随用として栽培してます


キタワセソバ #pirkaamam#bio#organic

小麦粉を扱うエキスパートなら蕎麦粉を扱うのも容易いはず。

自然栽培蕎麦の相場っていくらくらいなんでしょうね?

試験栽培&スペルトの販売促進として相場よりは格安か激安でご提供しようと考えてます(本心に他の要素ありかも)。


ヒマワリ #pirkaamam#bio#organic

こちらもそんな感じです。スペルトの販売促進になればと思って(本心に他の要素ありかも)。

ヒマワリのパンにいかがでしょうか?

無事収穫、選別出来ればの話ですけど。

より自然な栽培はより危険な栽培?


キタワセソバ(2022) #pirkaamam#bio#organic

小面積での試験栽培でノーカルチだとこうなりました。

緑々しくて見栄えは自然な感じで良いのですが、およそ蕎麦の収穫で生計を立てれるようには思えません。


ナズナ #pirkaamam#bio#organic

ビッシリ生えていたのはおそらくナズナだと思います。

ナズナはソバの草丈の半分位で目くじらを立てる程ではないのですけど、これだけ群生されると流石に蕎麦も敵わないと思います。

思う思うですみません。初めての事でとにかくわからないんです。


キタワセソバ(2022) #pirkaamam#bio#organic

それでようやく梅雨のような天候から明けたのと、いろいろ物は試しと中耕してみました。

ナズナだけならまだしも、アカザやシロザと言う名のキヌアが少なからず散見されたのが気になりました。

こうしてみるとまだまとも?に栽培してるって感じになりました。いろいろ試して視野が広くなればなるほど何がまともかもよくわからなくなりますけど。

ふと思うに、アカザ(シロザ)と言う名のキヌア、オオイヌタデのたった2種さえ対処出来ればカルチカルチと天候に振り回されなくてもよくなるのかもしれません。

それにしても、こんなのでなんとかなりそうな蕎麦って凄いです。小麦はもっと凄いですけどね。

ソバカルチ試行のはずがノーカルチ試行に


キタワセソバ(2022) #pirkaamam#bio#organic

雨曇天低温が続いてダイオウ抜きが捗ったのいいのですが、ソバの萌芽直前カルチ(機械除草)のタイミングを逃しました。

土を無理にかけない分、発芽は綺麗に揃ってます。


キタワセソバ(2022) #pirkaamam#bio#organic

もちろん雑草の発芽も綺麗に揃ってます。ヤバ谷園。

でも別にこれでもいいのかなと思うようになりました。蕎麦より小さな(雑草の)種は選別で問題になりませんし。MAX収量目指して売り先や果てしない野望がある訳でもないですし。

せっかくならもう少しこらえて蕎麦がぐっと伸びた頃にドサっと土寄せしようと思います。


最近、スマホ(主にSNS)に費やしていた時間が無駄だったとようやく気付きました。

市街地から遠く離れた農家パン屋の方の営業するしないの案内はとても便利ですけど、それだけです。

なんであんなに一生懸命に「いいね!」していたのか、「いいね!」して相手が良くなる訳じゃないし、自分は時間の浪費、それなら売り先のない草だらけのソバを相手にしてた方がよっぽど有意義に思います。

なので、SNSは必要最小限というか殆ど全く見なくなりました。「いいね!」はつけませんつけないでください。もしよろしければたまにお声を聞かせてくださいね。

カッコーが鳴いたので種まきを終わらせました


ヒマワリ中(2022) #pirkaamam#bio#organic

山鳩よりカッコーの方が暦通りに鳴くので賢いように思いますがどうなんでしょう?

カッコー、カッコーと、蒔け蒔け言うので言う事聞いて残りの種まきを一気に終わらせました。

未練のあったヒマワリを蒔けて良かったです。ついでに未練のあったソバも後先考えずに蒔いておきました。


ヒマワリ大(2022) #pirkaamam#bio#organic

カッコーが鳴く前に家庭菜園では先行してヒマワリの種まきをしていました。

「綺麗な花を見たい」と言うのが最初の動機でしたのでヒマワリ小(大中小は種の大きさ)を蒔いていたのですが、あれもこれもとヒマワリ選びがエスカレートして、どうせなら食用になるものをと考え始めて、せっかく片づけたプランター(種まき機械)をわざわざ出してまで本格的に蒔くに至りました。

ついでにソバ、大好きだったあのソバ。

念願のそば打ちとスペルト天ぷらが実現しました


キタワセソバ2018 #pirkaamam#bio#organic

収穫後から二年以上経って、自家栽培・自家製粉の無農薬蕎麦打ちがようやく実現しました。

午前中に自家製粉して打ったのはここまでで、後は持ち込んでプロにお任せしました。


最近の「いつもの」になっているゴボウ天そば。

殻ごと挽いたので田舎蕎麦風になってます。店名の「えどや」と相まり江戸時代ぽくて素晴らしいです。

天ぷらの衣はスペルト2020で揚げてもらいました。らしき麦より断然まとまりが良いそうです。

最高です。最高でした。至高のひと時を過ごすことが出来ました。

この世界、この宇宙、全てに感謝いたします。