ツルキチ、ノアの収穫を無事終えました


ツルキチ2018 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

収穫期の天候に恵まれ無事に収穫を終えました。
開花期前後の長期間に渡る曇天、雨天が影響したのか、小麦全般の収穫量は近隣地域も含めかなり少ないようです。


ノア2018 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

5代目となる小麦版ノアの箱舟(混蒔小麦)、炎天下のなか無事に収穫を終えました。
古代小麦の比率が大幅アップしています。
ノアの収穫量も残念ながら少なめでしたが、品質は悪くなさそうです。

WWOOF(農場体験)をご希望の方へ

(2018/7/26 随時更新)

農場案内


北海道ならではの広い空間、全ての圃場でオーガニック認証を取得しているのはもちろんのこと、より自然な栽培方法を日々模索しています。


新たな試み、世界的流行の古代スペルト小麦、エンマー、天然育種


よりよい未来へ進化する農場、ウーフ(農場体験)、ベーカリーカフェ&ラボ

その他簡単な農場案内はWWOOFホストプロフィールからご覧いただけます。

 

お申し込み(受け入れ)方法

【WWOOF(農場体験)として】
ほんの少しの年会費で、日本中、世界中のオーガニック農場を体験できるフリーパスがあなたの手に。

WWOOF ジャパンを窓口としてお申し込みください。

制約もありますが、安定の実績、安心のお申し込み方法です。

【農業研修として】
各農業学校から斡旋の研修などは、お問い合わせからご連絡ください。

 

受け入れ期間について

4月中旬~10月上旬

※畑の雪がなくなり、ぬかるみがとれ、畑を歩けるようになるのが4月中旬です。
※草取りなど畑での手作業がなくなるのが10月上旬です。

 

滞在期間について

原則として約1週間~最長で2週間、お一人様1シーズン1滞在までとさせていただきます。

広く浅く体験していただく方針で、他の近隣ホストさんへの移行も奨励しています。
お部屋の空きがある場合でも、次のウーファーさんのために余裕をもっておきたいと考えています。
そのため長期滞在、繰り返しの滞在は不可とさせていただきます。

 

農場体験、お手伝いについて

作業衣類(手袋、長靴、シャカパン)はこちらでご用意いたします。
お好みの帽子、上着などは各自でご用意ください。


大豆の草取り。

小麦の草取り。

WWOOFホストプロフィールから[一般情報]をご覧ください。

 

食事について

原則としてご自由にお好きなものをお召し上がりいただくセルフスタイルを奨励しています。
とは言っても、みんなで食事をする機会は必然と多くなります。

現状においては、
朝、昼はセルフスタイル。
夜につきましては、お泊まり人数が2名以下の場合はこちらでご用意もしくは料理の得意な方が担当、お泊まり人数が3名以上の場合は、どなたか料理担当としてお手伝いをお願いしております。

※原則食材はこちらでご用意いたします。
※嗜好品、贅沢品とみなされる品は各自でご用意ください。
※休日は終日セルフスタイルでお願いします。

WWOOFホストプロフィールから[一般情報]をご覧ください。

 

お泊まりについて

タオル、シャンプー、洗剤類はご用意してあります。
歯ブラシ、髭剃りなどの洗面用具は各自でご持参ください。

別棟として2部屋ご用意しております。

6畳(鍵付)2段ベットあり、クローゼットあり、エアコンなし

※6畳(鍵無)シングルの部屋を3部屋目として使用する場合もございます。

 

同棟にトイレ、バス・シャワー(鍵付)、洗濯機を完備しています。

※お部屋以外は全て共有となっております。
※他のお泊りされる方の為にも、マナー・モラルのあるご使用をお願いいたします。

お泊まりや施設のご使用は農場のお手伝いをされた方へ無償でご提供するもので、セルフクリーニングとなっております。
清潔なご使用ができない方、綺麗な掃除ができない方、備品を大切に扱わない方はホテル等をご利用ください。

※お泊まりのみのご利用はお控えください。

 

農場までの交通手段

お車や自転車でお越しの場合は、グーグルマップ(お問い合わせください)でご検索いただけます。

最寄りのバス停(お問い合わせください)から徒歩で約10分です。
最寄りの駅(お問い合わせください)からは車で約25分です。

仕事の合間に最寄りの駅や離れたバス停まで車での送迎が多いですが、基本的に農繁期のため繁忙、収穫期においては特に日中の送迎はできません。

本場のナポリピッツァ用の小麦、その他ピッツァ用?の小麦


イタリア(ピザ用)小麦2018 #bio#pirkaamam#試験栽培#非売品

背丈が小さく雑草との競合を考えると無除草剤での栽培が難しそうです。

最近ピッツァの動画を見ているせいか、薪石窯でマリナーラを焼くのが当面の目標です。

本場のナポリピッツァを手作りするために約2年の月日を要した事になります。


チベット小麦2018 #bio#pirkaamam#試験栽培#非売品

冬に少し弱いようで、まとまった面積の栽培には不安が残ります。
今回種取り用として、こちらがピッツァになるのはまだ数年先になります。


ブラックエンマー2018 #bio#pirkaamam#試験栽培#非売品

ブラック、穂が格好いいですね。
こちらも種取り用として、クールなピッツァになるのは数年先のことでしょう。

約3週間に渡る低温曇天雨天とは何だったのか?


とよみずき2018 #bio#pirkaamam

有機大豆栽培において、約1週間に一度は機械除草しないと雑草で大変な事になるのに、約3週間も土がぬかるみ続けるなんてもっての他です。
天候がいつも順調なんて決まりはない事は、自然の中にいれば毎年のように思い知らされます。


とよみずき2018 #bio#pirkaamam

対象作物以外の雑草をほぼ無くしてしまう除草剤の恩恵を一番受けているのは、他ならぬ一般消費者です。
農薬、化学肥料あってこその飽食だという事を忘れてはいけません。

大豆も小麦も、それらを原料とした食料品をお手ごろ価格で何でも買えるのは、農薬や化学肥料あってこそで、オーガニックものがそこそこの価格で買えるのもそれらがあるお陰だと、まずは知っていただいて、からの次のステップではないでしょうか。

全て自然栽培、全て玄小麦のみでのご提供となります


ノア2018 #bio#pirkaamam

古今東西の小麦が乱舞しております。
背が高いのは古代スペルト小麦で、低いのは現代小麦。
ノゲがあったりなかったり、どんな風味になるのか予想も想像もつきません。
ちなみに今回で5代目、4代目とはかなり違う風味になることだけはわかります。


エンマー2018 #bio#pirkaamam

まあ、見た目が綺麗で絵になる小麦です。
どんな風味なんでしょうね?
スペルトと比べていかがなものか。
こちらは試験栽培で販売予定は数年後となります。


ライ小麦?2018 #bio#pirkaamam

奇跡の麦と喜んだのも束の間、おそらくライ小麦ではないかと思います。
がしかし、ライ小麦と確定した訳でもないので、もしかすると奇跡の麦なのかもしれません。
かなり怪しい麦ですので、販売予定はありません。

 
以上、その他にも全て国産(北海道産)オーガニック認定圃場での栽培となります。
どちらかと言うと自然栽培なのですが、本当の事は畑に来て見て知る事でしょう。
全て玄小麦のみでのご提供となります。