年末年始の発送について

宅配便:1月1日(火)の発送をお休みさせていただきます。※12月25日(火)が年内最終、1月8日(火)より通常発送。

メール便:12月29日~1月6日まで発送をお休みさせていただきます。※12月28日(含)以降の受注分は1月6日発送となります。

余裕をもち計画的なご利用を宜しくお願いいたします。

フランスの自然栽培の生産者さんとお会いしました

突然の事で何がなんだかわからないまま、本別の農場視察に同行してきました。

本別の前田農産さんは小麦業界の超有名人、初めて施設を案内していただいたのですが、見てびっくり仰天、お話を聞いて納得しました。先見と努力の方で好感度がもの凄いです。

同じく本別のオフイビラ源吾農場さん、こちらは有機・自然栽培をされています。施設も着々と進歩していて、じっと力を蓄えている感じです。今はまだ一部のお店で使われているだけのようですが、ものが超高品質だけに今後の展開が楽しみでなりません。


フランスの自然栽培生産者ピエールさんのプレゼンから、休閑緑肥の圃場。

フランスのオーガニック生産者の割合は7%で、自然栽培は7%の中の0.01%ぐらいじゃないかと言って、指を3本まで数えてました。
フランスにも無施肥の方がいるのを驚いたのと、逆にオーガニックが進んでいても自然栽培はそんなに少ないのかと驚きました。


18種類の小麦品種を混ぜて蒔いているそうです。

休閑緑肥を利用したり、収穫量も同じくらいで、自然栽培がワールドワイドに感じた一日でした。

200haをスタッフなしの家族で管理しているそうで、もっと詳しい話が聞けたらよかったのにと、フランス語を話せないのが少し残念に思いました。

何でもあるけど何もない街


靖国神社にも行きました。
何を思うかはともかくとして、一度は行っておくといいですね。


皇居を眺めながらの昼食、絶景でした。
日本とは何かがわかるような気がしました。

今回生産者ツアーでの視察でしたが、消費地が益々繁栄し生産地が徐々に衰退していく仕組みには少し違和感を感じました。
実際に巨大な胃袋を目の当たりにして「何かの為」の何かを垣間見たようで、もうそんなに頑張らなくていいのかなと肩の荷がおりた気がします。

都心には何もなかったですが、八王子には野良ねこもいたし良かったです。

白いパンを食べるということ

例えばの話しをします。少し想像力を働かせてください。

体長8cmの鼠がいます、8mmの小麦粒を1粒食べています。

もちろん鼠はどのようにして、その小麦がそこにあるのか知る由もないでしょう。

では、スケールを20倍にします。

身長160cmの人がいます、16cmのパンをもって食べています。


ベーカリー製粉、NOAH5R-100%

白い小麦粉は歩留まりおおよそ60%ほどです。残りの部位(主にフスマ)は家畜の飼料などに利用されます。
※ちなみに、小麦粒全体の外皮(フスマ)の占める割合は約13.5%です。

買った生産物をどのように使用するかはその人の自由です。
買ったパンをどのように食べるのかもその人の自由です。

人が食べようと家畜のエサになろうと、生ゴミとして昆虫や微生物に分解されようと、焼かれようと、有機的な循環サイクルからみると大差ありません。

ただ、知る由もないのでは人として少し寂しいと思うのと、ある記事をみて心が動いたので書いておきます。

日本の四季と謎の四季


エンマー2019 #organic#bio#より自然な栽培#pirkaamam

19日の史上5番目に遅い(みぞれっぽい)初雪から2日後、ちゃんとした雪っぽい雪が降りました。
初雪(19日)としては平年より12日、去年より27日遅いそうです。

なんとなくですが、一般的な四季、春夏秋冬(365日)とは別に、もう少し周期の早い春夏秋冬が別にあるような気がします。※仮説

今は冬ー夏なのでいつもと比べると暖かいのです。※結果論

「厳冬に不作なし(冬が冬らしいと夏が夏らしくなる)」を紐解くと、冬ー冬の次は春ー春夏、夏ー夏秋と初期成育が肝心要の作物にとって良いパターンです。※信じるかどうかはあなたしだいです

今が冬ー夏とすると、春ー秋冬→夏ー冬春となって・・・、変な占いじみたものよりコツコツ堅実にと言う事ですね。