マスタードの在来種化とその他試験栽培


イエローマスタード #pirkaamam#bio#organic

従来の緑肥用「春カラシ(晩生種)」として販売されているイエローマスタード。

長いお付き合いでした。今までありがとうございました。

密条、蒔きっぱなし栽培。


イエローマスタード #pirkaamam#bio#organic

在来固定種を入手、5年くらい?種を継いでいるイエローマスタード。

こちらが次の主力になる予定です。

畝間を広く取りカルチ(機械除草)を入れての栽培らしい栽培。


ホワイトマスタード #pirkaamam#bio#organic

在来固定種を入手、ホワイトとはイエローと何が違うのか興味深々です。

あと、筋まきと点まきの違いはどうなのか?も調べます。


ブラウンマスタード #pirkaamam#bio#organic

(左)在来固定種、(中央)インド産、(右)カナダ産、インド・カナダは比較参考用。

自然食品店で購入したブラウンマスタードのマスタードがとても美味しかった事から、ブラウンマスタードに俄然興味が湧きました。

草姿がイエローマスタードと明らかに違うのに驚いてます。お国の違いが草姿、開花期に全く出てないのも驚きです。


ブラウンマスタード #pirkaamam#bio#organic

在来固定種、葉を主に食用とするフリル系、種はブラウンマスタード。

どうせなら葉が美味しいものをと思って増殖予定ですが、草丈が低くて雑草対策が必要になりそう、どうしよう。


ブラウンマスタード #pirkaamam#bio#organic

在来固定種、こちらも葉を主に食用とする紫フリル系、種はブラウンマスタード。

葉が美味しいのは一番かもしれません。こちらも草丈が低いです。

※ちなみにアカザと言う名のキヌアの方が美味しいです。


ハルザキヤマガラシ #pirkaamam#bio#organic

野生種、カラシになるはず。そもそも栽培なんてものは必要ないのではないか?

幻の試験栽培チベット小麦ご褒美3


チベット小麦(60%か70%だったはず)、自家製粉、自家酵母2種、「パン ヨルトノ」さん。

酸味:★☆☆☆☆

※参考までに酸味を主観(★)で表してますけど、基本的に普通が★3です。酸味なのか塩味なのか何なのかよくわからなくなって水でリセットしたくなる事ないですか?それが★1です。

斬新な発想、さすがと言わざるを得ません(60%か70%のうろ覚えで申し訳ないです)。

あのチベット小麦がずいぶんと食べやすくなっていて、一人唸ってしまいました。

次のブレドウポピュラシオン(旧ノア)にチベット小麦が加わるといかがなものか?の不安が完全に払拭されました。

お忙しい中、貴重なご試作をありがとうございました。

マスタードの満開が見れるのは6月下旬以降です


イエローマスタード #pirkaamam#bio#organic

晩生種のマスタードを春一番で蒔いたら、大体この時期(6月下旬)に満開になるようです。開花は結構長くて約2週間ほど続きます。

あらゆる小麦の穂が出揃うのもこの頃です。スペルト系(エンマーやアインコーン含む)が遅いんですよね。


イエローマスタード #pirkaamam#bio#organic

マスタードの種量が5~10分の1くらいに少ない試験だと、こんな感じになりました。

満開でも眩しい黄色の迫力に欠けます。多様性(ポピュラシオン)の視点ではこちらの方がより自然ではあります。

教訓:ウィンターベッチを緑肥に蒔くべからず


ウィンターベッチ #pirkaamam#bio#organic

ウィンターベッチを緑肥として蒔いたのが6年前、何故かそれが今でも生えてきます。

普通のヘアリーベッチは何年も何度も緑肥として使った事がありますけど、雑草化して困った覚えはありません。

ウィンターベッチは普通のヘアリーベッチより旺盛に生育し緑肥としては素晴らしくても、秋まき小麦の雑草と化して種子を多くつけて小麦にコンタミして、取り除くのが困難かつ毒性を持ってます。

結論、買おうが貰おうが地力に目がくらもうが絶対に蒔いてはなりません。

小麦とキヌアの混植同時収穫試験


はるきらり(2022) #pirkaamam#bio#organic

より自然な栽培をするとより危険な風になるのはすっかりお手の物です。

もの凄く収穫の邪魔になり迷惑千万なシロザ・アカザが所狭しとビッシリ生えております。

ところがどっこい、シロザ・アカザは実は古い時代に食用として渡来していたとの事。

シロザ:ユーラシア原産→中国経由で古い時代に渡来
アカザ:インド原産→中国経由で古い時代に渡来

↓そしてどうやらシロザの方が先輩のようです。

東邦大学薬学部付属薬用植物園
※参照


ブラックキヌア #pirkaamam#bio#organic

なぜ今ごろシロザ・アカザが「Black Quinoa(ブラックキヌア)」だと気がついたのか?

それはとかち河田ファームさんにご教授いただいたからです。←是非リンク先をご覧ください。

ほら、シロザ・アカザとにわかに呼ばれていたスーパーフード「Black Quinoa(ブラックキヌア)」が小麦よりも輝いて見えるようになりませんか?

しかしまあ不思議なご縁ってあるんですね。

それだけではないご縁がこのはるきらりには束のように繋がっているように思えます。

考えれば考えるほど不思議どころの話ではないです。とても書ききれる、話尽くせるものではありません。

幻の試験栽培チベット小麦ご褒美2


チベット小麦、自家製粉、老めん、サワー種、「いちかわ製パン」さん。

酸味:★☆☆☆☆(補足:0.5)

もの凄いです。中でも甘味がある、老化(乾燥)しない、特筆すべきなのはこの2点のように感じました。

製法のメモを添付していただいたのですが、どこまで書いていいものなのか。

届いてから3日は経っていたと思うのですけど、その日もその後も水分補給してのリベイクが必要なかったです。

チベットの情景が目に浮かぶようなチベット小麦独特の風味、個性が理解出来てきました。

いつも感動をありがとうございます。

教訓:殻なしヒマワリの種を蒔くべからず


ヒマワリ #pirkaamam#bio#organic

中央から←左:殻なしヒマワリ(食用に殻を取ったもの)の種を播種
中央から→右:殻つきヒマワリ(種としてはこれが普通)の種を播種

殻なしヒマワリでも発芽はします。しますがかなり生命力が弱っている印象を受けました。

殻つきヒマワリは発芽時に固い殻を縦(盾)にして土を割って出てくるようにも見えました。自然の摂理はよく出来てますね。

試験栽培は失敗してなんぼですので、貴重な実践経験が出来たと思います。

より自然な栽培はより危険な栽培?


キタワセソバ(2022) #pirkaamam#bio#organic

小面積での試験栽培でノーカルチだとこうなりました。

緑々しくて見栄えは自然な感じで良いのですが、およそ蕎麦の収穫で生計を立てれるようには思えません。


ナズナ #pirkaamam#bio#organic

ビッシリ生えていたのはおそらくナズナだと思います。

ナズナはソバの草丈の半分位で目くじらを立てる程ではないのですけど、これだけ群生されると流石に蕎麦も敵わないと思います。

思う思うですみません。初めての事でとにかくわからないんです。


キタワセソバ(2022) #pirkaamam#bio#organic

それでようやく梅雨のような天候から明けたのと、いろいろ物は試しと中耕してみました。

ナズナだけならまだしも、アカザやシロザと言う名のキヌアが少なからず散見されたのが気になりました。

こうしてみるとまだまとも?に栽培してるって感じになりました。いろいろ試して視野が広くなればなるほど何がまともかもよくわからなくなりますけど。

ふと思うに、アカザ(シロザ)と言う名のキヌア、オオイヌタデのたった2種さえ対処出来ればカルチカルチと天候に振り回されなくてもよくなるのかもしれません。

それにしても、こんなのでなんとかなりそうな蕎麦って凄いです。小麦はもっと凄いですけどね。

小麦の開花期を迎えました


Blés de Population(2022) #pirkaamam#bio#organic

一番遅いスペルトが出穂し始めて、ようやく全貌が明らかになってきました。

ライ麦の割合は平均すると10~15%ぐらい?に収まりそうです。

スペルトの割合は去年のミッシュよりは低そうです。

歴代の懐かしい顔ぶれ(イタリアピザ用やツルキチも)が揃っていて、思い出が走馬灯のようです。


シバツメクサ #pirkaamam#bio#organic

名前不明だった絨毯のような草は「シバツメクサ」と言う名前でした。

花が緑色なので咲いてるかどうか一見してわかりません。


コシカギク #pirkaamam#bio#organic

リンゴのようないい匂いの花びらのないカモミールのような草は「コシカギク」でした。


シロ&クリムゾンクローバ #pirkaamam#bio#organic

圃場全面にクリムゾンクローバが咲き誇り目標達成しました。

小麦に限らずありとあらゆる草が咲き乱れ、もの凄いポピュラシオン(多様性)になっております。

幻の試験栽培チベット小麦ご褒美1


チベット小麦、自家製粉、自家製サワードゥ、「玄と素 kuro to shiro」さん。

酸味:★☆☆☆☆

切って目からウロコが落ちました(意図的に粗びきにされているとの事)。

独学の天才が姿を現す日はいつになるのか、薪石窯がもの凄くゆっくりとですが着実に段を積み重ねているようです。

チベットの食卓が今後ツァンパかパンかで揺れ動く事になるのでしょうか?

また一つ未練が成仏しました。ありがとうございます。