ライ麦の特典中止と価格変更のお知らせ

日頃より環境保全型農業にご理解とご支援ありがとうございます。

ライ麦を19kg単位でのご購入時の特典につきまして、様々なケースにより対応が難しくなって参りました。

「フェアトレードでお願いします」といつも口にしているものの、なかなか公平やフェアとは難しいものと痛感する次第です。

自分で蒔いた種とは言え、明らかにアンフェアになってしまった事柄に対しましては、すぐに対応をしてきたいと思います。

つきましては、只今より特典の中止と、11月1日からライ麦の通常価格の値下げを行います。

ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

まだまだ未熟ではございますが、これからもご指導とご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

北海道オーガニックヴィレッジに行って来ました


今回で3回目の「北海道オーガニックヴィレッジ

毎年この時期は大豆の収穫に重なるため行けず、今回初めてのブース観覧です。

主催は十勝を代表するオーガニックの先導者、皆さんもうお馴染みのアグリシステムさんです。

お目当てのオーガニック古代小麦ピザは、機材のトラブルらしく待ち時間が長くて今回は断念しましたが、有機、自然栽培関連の方々とたくさんお会いできました。

最近猫と一緒にいるので満足して世の中に疎くなってましたけど、こうして交流を深めるのも良いものですね。

小麦(粒)の定期配送を承っております

過去半年以上のご注文実績とお支払い遅延のない小規模実店舗をお持ちのお得意様 各位

お申込みの同一品種、同一量を毎週お送りいたします。※隔週までOK、毎月は対象外となります。

期間は新麦収穫後の8月上旬から翌年7月末まで、在庫が無くなり次第終了となります。※次年度は条件見直しもございますので改めてお申込みください。

数量は19キロ単位に限ります。※いかなる小分けも対象外となります。

作業的に助かるため定期配送分は割引還元いたします。

スポット注文や発送日1週間内の数量変更(増加)分は通常発送となり割引還元対象外となります。※頻繁な数量変更は主旨をご理解の上、お控え願います。

納品・請求書は定期配送、通常配送、一緒に月纏めとなります。

出来れば皆さん公平にとの思いから、なるべく特例の出ないようご理解とご協力をお願いいたします。

スペルト、ライ麦は対象外となります。

詳細はお問い合わせください。

追記
・着曜日を指定していただきます。
・着日の安定のため、着日の7~10日前には着日指定で前もって発送いたします。
・上記の理由から最初のお申し込み、数量変更は着日の2週間以上前にお願いいたします。
・上記の理由から発送後の品についてはいかなる都合においてもキャンセル不可です。
・1袋19kg単位に限ります。
・19㎏単位であれば2種類でも大丈夫です。
・新規の方は数量を限定する場合がございます。
・正月、ゴールデンウイーク、お盆期間、大型連休と発送日が重なる場合はその週の発送を休止(次週のお届けが休止)いたします。
・上記もしくは特殊事情、急遽トラブルによって発送を休止(次週のお届けが休止)する場合は当サイトもしくはSNSにて通知いたします。
・お申込みに必要なご注文実績は過去半年以上かつ6回以上とさせていただきます。

スペルト栽培は現代小麦と比べどういうところが手間なのか?


スペルト(violet)2020

Q.スペルト小麦が現代小麦に比べて具体的にどういうところが手間なのか、現実的かどうかは別にしてその手間を軽減出来る方法(機械導入など)はあるのでしょうか?

スペルトならではの具体的な手間の増加としては、

・種子が入手困難、高価である
 解決方法:一度でも入手出来れば自家採取できる
 問題点:種の売買契約で自家採取や譲渡を禁じられる場合がある
 問題点の解決方法:オープン種子の入手

・草丈が高く熟期が遅いため、除草剤を使わない場合は雑草対策が激増する
 軽減方法:先見的な手取り除草、機械除草
 ※畑作地帯の場合

・殻つきのため収穫、運搬、乾燥の手間が約2~3倍増える
 軽減方法:コンバインで脱穀されやすい系統品種の導入
 問題点:種子が入手困難

・殻つきのため籾摺り作業が必要になる
 籾摺り機の新規導入

・殻(籾)の量が多いため、処理の手間が増える

手間が増えるのはこのくらいでしょうか、その他にもリスクが増えます。

・冬枯れしやすい
・穂発芽の危険性が高い(梅雨のある地域はより危険だそうです)
・草丈が大きいため倒伏の危険性が高い
・DONが出やすい場合もあるそうです
・現代小麦と同等な共済保険に加入できない

収益への直接的な影響は大きいです。

・収穫量が現代小麦の2~3分の1
・小麦の交付金が交付されない

リスクはそのまま全損に繋がる可能性が非常に高く、それを補うための価格転換をしなくてはなりません。

栽培上のメリットとしては、肥料分が少なくて済むくらいでしょうか?でも収穫量が減るならメリットでもないですね。家畜でもいれば殻(籾)や藁の量が多いのはメリットになるのかもしれません。

「小麦」は原則的にゼロ円


ノア7 #bio#より自然な栽培#pirkaamam

植物全般に言える事ですが、「小麦」も光と空気と水と土が最低限あれば育ちます。

自然な光はタダ、自然な空気もタダ、雨(水)もタダ、土は(細かい事を言えばキリがありませんが)原則的に自然な土はタダでしょう。

言うなれば野生の山菜と同じ、自然の恵みとはよく言ったもので、「自然の恵みである光・空気・水・土」が全てタダなら「自然の恵みである小麦」も原則的には0円なんでしょう。

ここに人の手が加わるから値段が付くんですね。

作業料、機械代、資材代(肥料、農薬)、技術料、運搬代、マージン、各種税金等が小麦代0円にどんどん上乗せされて、通常の価格になっていきます。

肥料・農薬を使わない自然栽培は機械や資材コストが下がる分、小麦価格も安くなるような気がしますが、実際そうはなりません。

農家直売はマージンを減らせる分、安くなるような気がしますが、実際そうはなりません。

おっと、脱線するといけないですね。

原則的に自然の恵みである「小麦」は0円です。

当たり前の事ですが、大切な事なので改めて書いておきます。

「春よ恋」完売いたしました。ご愛顧ありがとうございました。

今回の出荷分をもちまして「春よ恋」をすべて完売いたしました。

日頃より無農薬小麦へのご理解とご支援、誠にありがとうございます。

春まき小麦を試験的に3年3シーズン栽培(春よ恋とハルキラリ)して、無農薬での春まき小麦栽培はDON(赤かび毒)のリスクが高すぎて経済行為として取り入れるべきではないと結論付いた感じです。

DON濃度としては流通を許可される許容値1.1ppm以下ではありましたが、3年間2品種ともほぼ許容値上限に近く、今後も栽培していく中で不安やリスクが大きすぎるため、春まき小麦に関しては無農薬での栽培を継続する事は出来ないと判断しました。日頃よりよく言ってますが、農業は平穏・安定した暮らしのために行われるべきでギャンブルではありません。ましてやメリットがさほどなく損失の可能性のみ大きいギャンブルを生産者があえて背負うことで、誰かが一時的に利益を得たとしても結果心に残るものは不信でしょう。

DON濃度の規制緩和で許容値2.0ppm以下にでもなれば話は別で、仮に2.0ppmでも健康被害が他の〇〇〇や〇〇〇ほどあるのか甚だ疑問ですが、今はまだそういう世の中なので仕方ありません。


春まき小麦のアインコーンを秋まき試験栽培しています。

発芽率がどうやらよくないみたいです。

冬は越せないと思いますが、どうなるのか来春が楽しみです。